english index tobacco control 日本語索引



チベット仏教の国ブータン訪問記 2012


This shows a map of Bhutan and a Route Permit, which was issued by the Royal Government of Bhutan.

Mount Kangchenjunga is the Earth's third highest mountain, with a peak at 8,586 metres above sea level.
This picture was taken from Druk aircraft, near Paro, Bhutan, in September 2012.

Drukair from Bangkok, Thailand to Paro, Bhutan: This non-stop direct flight departed Bangkok at 4:50am for Paro.

(L) A Drukair stewardess with a smiling face (R) Drukair aircraft at the Paro International Airport

(L) An airport staff at the entrance gate at Paro (M) A passport check barrier of Paro International Airport
(R) A sign plate says that smoking is injurious to health.

The Paro Airpot terminal building and Drk airline aircraft

 Youtube A spectacular landing on the Paro Airport, Bhutan ( 14 minutes )
パロ空港着陸前の14分間、深い樹林の先端に触れるかのように飛び続け、着陸する様は圧巻。
 Youtube A non-stop direct flight from Bangkok, Thailand to Paro, Bhutan ( 18 minutes )
雨模様、朝暗いバンコク空港を離陸したパロ行直行便が雲間にヒマラヤ連山を垣間見て、パロ
空港まで、深い樹林の先端に触れるかのように飛び続け、着陸する様はまさに圧巻

The above video clips are over lapping in the length of about 13 minites. ・・・
上記ビデオは約13分間重複しています。

(L) A large board of Bhutanese King and Queen posted at the Paro Airport (R) The entrance gate of Paro Airport

Bhutan money, Ngultrum, BTN, issued by Royal Monetary Authority of Bhutan
500: Punakha Dzong at center, Endless Knot, one of the eight auspicious symbols at the upper center
100:Tashichho Dzong at center, dragons in top left and right corners, Endless Knot, one of the eight auspicious symbols at the upper center
50:Tongsa Dzong at center, two mythical birds (Bja Tshering) at both sides

10:Paro Dzong at the center
5:Taktsang Monastery
1:Simtokha Dzong palace


日本からブータンを訪れるときは、タイのバンコクを経由して空路、パロから入国する。基本的にパロがすべての旅行コースの
起点となる。ティンプーまでは、すれ違いの出来る2車線以上の舗装道路があるが、他の幹線道路ではすれ違いのその都度、
道路わきによけねばならないことが多い。山岳地帯にあり、トンネルを掘ることをしないので、3,000 メートル以上の峠を
越えて、アップ、ダウンする。さらに左右にカーブすることが少なくないので、車に乗っていても、かなり体力を
消耗するし、車酔いする人もいる。



A view of Thimphu, the Capital of Bhutan

A vegetable market in Thimphu: A chili is a favorite food for Bhutanese.

A vegetable market in Thimphu

A week-end market in Thimphu

The left photograph shows a blood pressure check of Bhutanese residents at a hospital booth.

A multi-stories residence in Thimphu, Bhutan

(L) A multi-stories residence in Thimphu (R) Clock Tower Square, the city center of Thimphu

An only movie theater and the Bhutan National Bank, Thimphu, Bhutan

The main street of Thimphu

In Bhutan, there is no traffic light. A policeman controls automobiles instructing by hand, at the intersection of the center of Thimphu.

 Youtube A policeman controls automobiles instructing by hand


Many Bhutanese are walking on the main street of Thimphu. You have to watch your steps, because of a sudden defect of a sidewalk.

(L) Jigme Dorji Wangchuck National Referral Hospital in Thimphu, Bhutan
(R) A guide map of the hospital

A sign board saying that the Hospital is a tobacco, alcohol and doma free.
Doma is a traditional addictive food of Bhutan.

Old Bhutanese house and a new apartment house, which is under construction in Thimphu.
There were many apartment houses under construction in the suburb area of Thimphu.

(L) A residential area of Thimphu (R) Thimphu Chuu River

A residence is standing a riverside of the Chuu. A highway runs in parallel to the Chuu River.

(L) The important road junction, at which traffic goes to Haa, 80 Kms, and to Thimphu, 31 Kms.
(R) A slum house was observed between the Thimphu-Haa highway and Chuu River.

(L) The trifurcation of river to Paro, Haa and Thimphu (M) A paved key-highway connects Thimphu, Paro and Phuntsholing.
(R) The important road junction to Phuntsholing, a border town in southern Bhutan with India

The main street of Paro: A street light in the right photo, which are rather a few in Bhutan's city street.
A few bicycles were observed in the town while staying in Bhutan.

(L) A restaurant in Paro: No-smoking sign is seen at the left upper corner of this photo. (R) Exterior of the restaurant

A gas station in Paro: Unlead gas costs a driver 65.38 Rupees ( about 1.27 dollars, 100 yen ) per liter.
The average gas price in the United States is 0.95-1.10 dollars, in Japan about 1.77 dollars per liter, in October 2012.

 Youtube Drive from Paro to Thimphu, Bhutan


パロ、ティンプー、いずれの町にも街灯は非常に少ない。町を一歩出ると、そこは暗闇の世界である。夜の外出には懐中電灯は
必需品である。民家では電気が来ていても、小さな裸電球がひとつ、天井から吊るしてあるところが多い。使用道路の交差点には
信号がなく、ティンプーでは交通整理の警官が交代で車をさばいている。歩道があっても隠れた溝などがあり、よく整備されて
いない。トイレはホテルや著名レストラン以外は、インド、タイなどでよく見られる、紙を一切使用しないスタイルである。



(L) Chuu River and playing flags
(R) Bhutanese residents walk and walk. Some students walk on a mountainous alley for 20 to 30 minutes to go to school.

Rice and bean fields, Paro: A Japanese Keiji Nishioka (1933-1992) has made great contributions to the rice cultivation
in Paro and other places of Bhutan.



ブータンでは2700メートルの高地まで稲作がおこなわれており、美しい棚田が見られる。パロには、豊かに実った稲穂の垂れる
光景を目にしたが、1964年にブータンに赴任した日本人、西岡京治氏の農業指導の賜物であり、その功績は現地の人々から高く
評価されている。



(L) A cow in walking on the road of Paro
(M) School bus for a junior student: Not all students can use a school bus, here.
(R) Many students walk on the road, sometimes, more than 30 minutes.

Colorful traditional clothes for sale, at Paro (M) National dress of Bhutan is called gho for men.

These photographs were taken at a private house in Paro.
Bhutanese altar is located on the second floor ( the third floor from the North American standard ).
This room is served as a guest room. The first floor is for sleeping of the family.
The basement is designated for a cow and other animals.

A hand-made meal was served for a visiting tourist.



ブータン王国は経済的にも、軍事的にも大きくインドに依存している。現在ではともに平等の地位にあるとされているが、
インド国民に対してのみビサや入国許可証を免除しているなど一目おいた関係を築いている。インド以外の外国人旅行者は
一日、60ドルをブータン政府に支払う義務があるが、インド国民は例外のようである。 急速な欧米化の進む中で、
ブータンの伝統を守り、好ましくない風潮を、免疫力の低い自国民に浸透させないためにも、その旅行目的、範囲を
申告させ、厳しく制限しており、原則的にガイドなしには動き回ることは出来ない。

ブータン滞在中に、旅行者は1日、一人、最低190ドルを食事、宿泊施設、ガイド、旅行代理店に支払わねばならない。
それがブータン入国の条件である。しかし、実際に旅行してみると、1日、190ドルは最低の必要経費と思われる。
ブータンには国立銀行はあるものの、クレジットカードの決済システムはない。大きな土産物店、ホテルではカードを
使用できるが、すべてシンガポールかインド経由で処理されて業者に支払われる。ブータンにはコインはなく、紙幣のみが
使用されているが、ブータン紙幣から外国通貨への両替は出来ない。



An English guide with an extensive knowledge (left), and a skilful driver (right)

Google Map of Bhutan


ブータン王国の首都、ティンプーなどの都市ではインドの建設労働者やブータン農村から人口が流入して来ている。
訪れるところ、すべてが清潔とは限らず、時には道路脇や町の片隅にゴミが捨てられている。タシチョ・ゾンで行われた
お祭り会場跡にはペットボトルや紙くずなどが散乱していた。持ち帰る習慣がないのだろう。しかし、聖地、タクッアン
僧院への登山道には、随所に屑かごが置かれ、ちりひとつ見当たらなかった。

ブータン人の嗜好品にドマがある。ドマの実は強烈なにおいを発するといわれているが、ドマを噛むと口の中が赤くなる
ので直ぐ分かる。病院内などでは禁止されている。ここは禁煙の国である。そのため、入国してから出国するまで、
旅行者を含め、ただの一度たりとも、タバコを吸っている人を目にすることはなかった。


Bhutan

The country to prohibit a tobacco sale Bhutan tour 2012 Bhutan temple 01 Bhutan temple 02
Bhutan Thimphu's hotels Bhutan Paro's hotels Bhutan smoking law

English Version


チベット仏教の国ブータン訪問記
2012年9月写真撮影, 2012年10月執筆
「禁煙席ネット」主宰  医学博士 宮本順伯

本文および写真の著作権は宮本順伯に帰属
写真複写禁止
「禁煙席ネット」へのリンクは自由
The photographs were taken in September, and the article was written in October 2012,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.





パロの寺院




Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  コロナウィルスとの戦い


www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn