english index tobacco control English Index



Ireland, The Leading Country for Tobacco Control



Minard Castle at Dingle peninsula, Ireland


Effects of the Irish Smoking Ban on Respiratory Health of Bar Workers,
and Air Quality in Dublin Pubs

The 83% reduction in concentration of particulate matter 2,5 um or smaller, and the 80.2% reduction
was observed in benzene concentration in 42 bars. The rate of reduction was 79% in exhaled breath
carbon monoxide, and 81% in salivary cotinine. A statistically significant improvement was noted in
measured pulmonary function tests and reductions in self-reported symptoms and exposure levels in
nonsmoking bar men volunteers after the ban. Total workplace-smoking ban certainly resulted in
a considerable reduction in air pollution in pubs and an improvement in respiratory health in bar men.
Studies by Luke Clancy et al.Trinity College and others, 2007



Kylemore Abbey is the oldest of the Irish Benedictine Abbeys. The Community of nuns, who have resided
here since 1920, have a long history stretching back almost three hundred and forty years. The purpose of
the Abbey at Ypres was to provide an education and religious community for Irish women during times of
persecution in Ireland.

(L) Kylemore Abbe, the far western region of the island of Ireland
(M) A cigarette butt receptacle at the Kylemore Abbey
(R) Women sitting on a bench smoking outside of Kylemore Abbe
(左)背後に山、全面に湖が広がるカイルモア修道院
(中)コネマラ国立公園の北、カイルモア修道院併設ショップの外に設けられた灰皿
(右)修道院併設ショップ外のベンチでタバコを吸う女性たち

Dublin is the largest city and capital of Ireland. The city is a historical and contemporary cultural center
for the island of Ireland, as well as a modern center of education, the arts, administrative function,
economy and industry.

Ireland's Trial to lower the tobacco usage.

The Irish tobacco industry was marked by strict government legislation over the review period, leading
to significant reductions of cigarette and cigar volume. In 2004, Ireland became the first EU nation to
implement a smoking ban leading to a sharp volume decrease across every tobacco category. This was
followed by notable increases in taxes each year between 2006 and 2008.

Future legislation set to severely impact the competitiveness of the market.

In July 2009, new legislation will severely affect the performance of the tobacco industry. After this date,
retailers will have to remove all POS displays. Furthermore, retailers will have to remove the actual
products from sight of consumers, placing the goods in a closed container/dispenser system. This will
be an incredible impediment for the launch of new products, and ultimately attenuate variations in
market share.
Source: Euromonitor International

A point-of-sale display (POS) is a specialized form of sales promotion that is found near, on, or next to
a checkout counter (the "point of sale"). They are intended to draw the customers' attention to products,
which may be new products, or on special offer, and are also used to promote special events.

厚生労働省は生半可な成人喫煙率半減目標など捨てて出直した方がよい。政府はタバコ税を大幅値上げし、国会は
飲食店や鉄道車両内など、公共性の高い施設の喫煙禁止を盛り込んだ禁煙法を成立させ、違反すれば高額の罰金を
科すという厳格な規制に乗り出すべきだ。実際に吸える場所を極端に少なくすれば、そのとき喫煙者は始めて
禁煙について考え始めるであろう。筆者は有害なタバコの煙から国民を守る手段は他にないと確信している。
実際、世界はそうした方向に間違いなく動いている。

アイルランドのガソリンスタンドに併設されているコンビニでタバコを買うことが出来る。しかしすべて顧客の
顔を見ての対面販売でカウンターの真正面に SMOKERTS DIE YOUNGER 「喫煙者は若死にする」の文字が
いやがおうでも目にはいるようになっている

日本でもタバコの値段を一箱500円にすれば半数の喫煙者がタバコをやめるとの調査がある。1,000円にまで値上げ
すれば、ごく僅かの喫煙者のみが身銭をきっても、なおタバコを吸い続けると思われる。そのようなタバコ政策を
アイルランドではすでに実行している。日本のようにタバコ自販機が街を歩けば5分おきに置かれているような国は、
世界中どこに行ってもない。治安上の理由もあり、未成年者を含め、不特定多数の人々にタバコを販売しないように、
欧米では、もしあるとしても、ホテル内に自販機を設置している。

年齢識別装置付きのタバコ自販機が取りざたされているが、兄分の友人にタバコ購入を頼めば、そうした識別装置
など、あってもなくても大差はない。年齢識別装置の普及で、むしろ「20才になったらタバコは安全に吸えます」
との考えが広がって行くことを懸念する。最も効果ある未成年者の喫煙抑制はタバコ一箱の値段を1,000円に
値上げすることにある。


Entire public spaces are smoke-free.

 
(L) The highest educational institute, Trinity College Dublin, Ireland
(R) A sign plate says that it is illegal to smoke showed in the Trinity College Dublin.
 
(L) No smoking sign posted at the entrance of the shopping complex buildings. The maximum penalty is 3000 Euros.
(R) The interior of shopping complex, near the city of Dublin
 
(L) A scavenger is sweeping a street using the special vacuum cleaner in the center of Dublin.
(R) The Spire of Dublin, officially titled the Monument of Light, is a large stainless steel, pin-like Monument,
located in the centre of O'Connell Street in Dublin.


 Photography: Ireland and North Ireland 2006



2005年9月、ダブリン・トリニティカレッジのルーク・クランシー教授らは欧州呼吸器学会でアイルランド
国内40カ所以上のバーでの浮遊微粒子PM(particulate matter) を調査、そこで働く労働者を対象に調査した。
その結果、PM2.5が53%、PM10が88%減少したことを明らかにした。レストラン、バーなどの労働環境も
改善され、息切れ、せきなどの、呼吸器系の症状や涙目などの刺激症状が、全体で30%から40%減少していた。

PM大気中を浮遊する粒子で微小なため、肺の奥まで入り込み肺や気管などに沈着して呼吸器に影響を及ぼす


2004年3月にEUで始めて飲食店や職場での全面禁煙を実行した国

2005年、アイルランドで受動喫煙防止法が施行されてからの1年の間に、アイルランド南西部の公立病院で
心臓発作で入院した患者数は前年比で11%減少したことが報告されている。同様の調査結果が2006年3月に
室内の全面禁煙を導入したスコットランドでも公表された。自治政府は規制後最初の1年間で心臓発作のため
入院する人が17%も減少したことを発表している。研究は9つの病院で行われたが、スコットランド医療当局
は「喫煙者だけでなく、受動喫煙を強いられてきた人の健康状態が改善された」と受動喫煙規制法の注目すべき
効果を広報している。

しかし、イタリア旅行でも気になったことであるが、レストランやバーの外で喫煙する人々には女性が圧倒的に
多い。人前で喫煙していると「判断能力に欠ける人間」と見られることを恐れる男性が多いなか、薬物依存症
からなかなか抜け出ることが出来ないのは女性のようだ。

アイルランドは世界に先駆けてスパーマーケットのレジ袋の有料化に踏み切った国である。1枚20セント
(約30円)と,ほとんどが税金なので高額である。石油資源を節約し廃棄物を減らす目的だが、その有用性は
ともかく、今回の旅行中、どこにいっても歩行中に喫煙している人を見かけることもなく、タバコの吸い殻を
含め、ゴミが散乱していることはなかった。最大の都市、首都ダブリンの市中では頻繁に強力な清掃作業機を
導入してきれいな街作りに力を注いでいる。

2006年5月に公表された EU Observer の世論調査によると、アイルランドでは国民の93%レストランに
おける喫煙禁止に、82%がバーにおける喫煙禁止に,賛成している。

Ireland and North Ireland
Arrival to Ireland Airport and Railway Hotel and bar smoking ban in public places Luas Tram, Dublin Dublin Area Rapid Transit
Dublin-Belfast Express Train Giant's Causeway in North Ireland North Ireland


アイルランド喫煙規制情報
禁煙席ネット主宰 医学博士 日本タバコフリー学会顧問 宮本順伯
「禁煙席ネット」へのリンクは自由
The photographs were taken in September, and the article was written in October 2006,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.




Restaurants and bars in Northern Ireland



Special Note:
 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
  Domestic travel in Japan
 Smoke-free should be the minimum standard for the host city in the Olympic.
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Stop merging war criminals and war victims at Yasukuni Shrine.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.


www. smokefree.jpn.com
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter
Smoke-free rental condominium in Tokyo (PR)
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn