ピル関連費用





ピルの服用に際して

ピルの相談、指導、必要な診察、検査、投薬は自費診療となります。 自費料金
は各病医院で決められており、おかかりになった医療機関により異なります。
ピルは百貨店やスーパーで商品を買い求めることと全く違い、薬品の売価で
善し悪しを決められるものではありません。実際はその人に合った薬なのか
どうかの服用の適否や、服用中の予期せぬ症状が出た時はどう対応したら
良いのか、長年この薬剤に取り組んでいる医師かどうかで大きな差が生じます。
当院では始めてピルを飲まれる方も、エックスパートの医師がサポートして
いますので安心です。当院で採用している中用量ピル、プラノバールは1相性
(全部同じ錠剤)で、低用量ピル、トリキュラー28は3相性(3種類の錠剤を
含むピル)です。



 総合検索


注意上記診療情報記録は2018年1月現在のものです
日本産科婦人科学会認定専門医 医学博士 宮本順伯



www.sanfujinka.net
COPYRIGHT(C) 1997-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.