国内鉄道・海外鉄道・レンタカーを利用した旅




列車内喫煙を許している国、日本
世界の鉄道車内は完全禁煙

米国の鉄道車両は全面禁煙

Amtrak

アムトラック路線図(アムトラックは全面禁煙)

(L) Southwest Chief ( シカゴーロスアンジェルス間) (R) Acela Express ( ボストンーワシントンDC間) は全面禁煙

米国 Amtrak シアトル・シカゴ間 2泊3日間は喫煙禁止、全面禁煙(喫煙ブースを完全排除))


カナダの鉄道車両は全面禁煙


カナダ VIA バンコーバー・トロント間 3泊4日の間は喫煙禁止、全面禁煙(喫煙ブースを完全排除))

ニュージランドの鉄道車両は全面禁煙


ニュージランド山岳列車および海岸列車は全面禁煙

フランス、ポルトガル、スペインの鉄道車両は全面禁煙


(L) フランス TVG Bar-car (M) ポルトガル急行列車 (R) スペイン AVE Renfe 急行列車は全面禁煙

オーストリア鉄道、ドイツ、スイス鉄道車両は全面禁煙


ドイツ ICE とオーストリア Railjet(完全禁煙)

(L) スイス鉄道レストラン (R)ドイツ鉄道レストラン(完全禁煙)

英国、アイルランドの鉄道車両は全面禁煙


ダブリン、ベルファースト間列車は全面禁煙

台湾、タイ王国、韓国、インドの鉄道車両は全面禁煙


(L) 台湾高速鉄道 (R) 台湾ロ−カル鉄道:台湾の鉄道は全面禁煙

(L) 韓国高速鉄道は全面禁煙 (R) インドの鉄道は全面禁煙

中国の高速鉄道車両は全面禁煙


中国全土の高速鉄道は全面禁煙

ロシアの鉄道車両は全面禁煙



ロシアの高速列車、サプソンは全面禁煙

フィンランド、ロシア間を走る国際列車、アレグロは全面禁煙



 RAILWAYS

 France フランス 2004年 TGVを全車禁煙 
    2006年 在来線を全車禁煙
    2007年 法令により公共交通機関をすべて禁煙
 Germany ドイツ
20079月 法令により鉄道全車両を禁煙、タクシーも全車禁煙 
 Italy
2004年12月 イタリア 法令により鉄道車内を全車禁煙 Italia rail trip
 Korea 韓国
2003年に鉄道、バスを全車禁煙 Korea
 台湾
2009年に鉄道、バスを全車禁煙 Taiwan railways
 中国
2014年 高速鉄道を全車禁煙 China
 USA 米国
2004年 全車禁煙 United States smoking ban
 Canada .カナダ
2004年(時期推定) 全車禁煙 Canada smoking ban
 Russia ロシア 2014年 長距離列車を含むすべての列車内での喫煙禁止 
豪華寝台列車、オリエント急行は全車禁煙(英国およびEU圏内では全車禁煙)European Union

  ※全車禁煙
とは、車内に喫煙ブース、喫煙する空間のない完全禁煙の状態を指す


2017年9月、日本タバコフリー学会で使用されたスライド(宮本順伯)

2017年9月、日本タバコフリー学会で使用されたスライド(宮本順伯)



米国、カナダの広大な大地を走り抜ける大陸横断鉄道、縦断鉄道列車内の喫煙は禁止されている。カナダ、
バンクーバー・トロント間、4,466 kmを4泊5日間で走る ( The Canadian ) でも、アムトラック、シカゴ、
ロスアンジェルス間, 3,645キロを3泊4日間で走る旅 ( Southwest Chief )でも全面禁煙とされており、
一日に2回程度、指定された停車駅のホームで喫煙できるように設定されている。


2017年9月、日本タバコフリー学会で使用されたスライド(宮本順伯)

2017年9月、日本タバコフリー学会で使用されたスライド(宮本順伯)


一方、オーストラリアではシドニー・パース間のオーストラリア大陸横断鉄道、4,352キロ、3日間
走行する列車(Indian Pacific train )に喫煙ブースが設けられていた。しかし現在、完廃されており、
今では列車内では喫煙出来ない。筆者は、2009年にフィンランドの首都、ヘルシンキから北極圏に
向かう夜行列車に、二人用の小さな喫煙ブースがついていたのを確認している。スウェーデンなど
他のヨ−ロッパ諸国との乗り入れのない国であり、珍しい存在だ。しかし、こ車内喫煙室は2013年
6月に廃止された。2014年6月からは、9,289キロを6泊7日で走るシベリア鉄道を含む、全ロシアの
鉄道列車は全面禁煙となっている。
現在、喫煙できる車両を合法的に運行しているのは, 日本だけの
ようである。
しかし、国民はそれを極めて異常なことと認識していない。


2017年9月、日本タバコフリー学会で使用されたスライド(宮本順伯)

The 10 longest nonstop flight in the World(比較参考)

今や16時間以上の飛行時間のフライトもめずらしくない。この間は無論、完全禁煙である。新幹線、
東京・博多間の所要時間は6時間以内。近鉄特急の大阪・名古屋間は2時間30分以内。この間、なぜ
禁煙していることが出来ないのか? JR東海、JR西日本、近鉄は『鉄道車内喫煙禁止の世界ルール』
を完全無視、タバコ中毒乗客をサポート、一般乗客に健康被害をもたらしている。

世界50カ国以上では「食事中の喫煙はとても素晴らしい」との喫煙者の要望を受け、飲食店内を
喫煙可としているところはない。6時間、タバコを吸わないと耐えられない人は明らかにタバコの
薬物中毒者であり、治療の必要な人々である。車内喫煙設備のもたらす負の結果は、疾病の治療開始
時期を遅らせ、さらに列車内の周囲の人々に不本意な健康障害を誘発する。こうした忌むべき車内
喫煙設備の悪影響も認識も出来ない鉄道会社の判断力には致命的な欠陥がある

さらに車内での喫煙行為を明確に禁止し、罰則規定を設けていない日本政府の姿勢こそ問題である。
1900年に施行された鉄道営業法で鉄道車内の禁煙場所で喫煙した時の罰金を10円以下と定めたが、
戦後、10,000円以下と改定された。しかし、鉄道車両内での喫煙行為自体についての禁止事項、
罰則規定はないし、2017年現在の政府の受動喫煙防止法原案でも、喫煙室を設けている限り、喫煙
行為を禁止事項としていない。

「一匹狼の国」著者 医学博士 宮本順伯


日本の対策『前世紀並み』分煙は効果なし WHO
 ・・朝日新聞報道  2017




オリンピックの歴史と開催国に於ける鉄道車両内での喫煙可否

1948 XIV  ロンドン(イギリス)       列車内喫煙禁止
1952 XV Helsinki railways ヘルシンキ(フィンランド)   列車内喫煙禁止
1956 XVI Australia rail trip メルボルン(オーストラリア)  列車内喫煙禁止
Stockholm railways ストックホルム(スウェーデン) 列車内喫煙禁止
1960 XVII Italia rail trip ローマ(イタリア)       列車内喫煙禁止
1964 XVIII Japan high speed railways 東京(日本)          列車内喫煙OK
1968 XIX  メキシコシティ(メキシコ)   列車内喫煙禁止
1972 XX  ミュンヘン(西ドイツ)     列車内喫煙禁止
1976 XXI Canada smoking ban モントリオール(カナダ)    列車内喫煙禁止
1980 XXII  モスクワ(ソビエト連邦)    列車内喫煙禁止
1984 XXIII United States ロサンゼルス(アメリカ)    列車内喫煙禁止
1988 XXIV Korea  ソウル(韓国)         列車内喫煙禁止
1992 XXV Spain  バルセロナ(スペイン)     列車内喫煙禁止
1994       Norway リレハンメル(ノルウェー)    列車内喫煙禁止
1996 XXVI United States  アトランタ(アメリカ)     列車内喫煙禁止
1998       Japan high speed railways 長野(日本)           ★★
2000 XXVII australia  シドニー(オーストラリア)   列車内喫煙禁止
2002       United States ソルトレイクシティ(米国)   列車内喫煙禁止
2004 XXVIII Greece  アテネ(ギリシャ)        列車内喫煙禁止
2006       Italia rail trip トリノ(イタリア)         列車内喫煙禁止
2008 XXIX China 北京(中国)           列車内喫煙禁止
2010      Canada smoking ban バンクーバー(カナダ)      列車内喫煙禁止
2012 XXX  ロンドン(イギリス)       列車内喫煙禁止
2014        ソチ(ロシア)          列車内喫煙禁止
2016 XXXI Brazil リオデジャネイロ(ブラジル)   列車内喫煙禁止
2018      Korea 平昌(韓国)          列車内喫煙禁止
2020 XXXII Japan high speed railways 東京(日本)            列車内喫煙OK
2022       China 北京(中国)          列車内喫煙禁止
2024 XXXIII   パリ(フランス)         列車内喫煙禁止
2028 XXXIX United States  ロサンゼルス(米国)      列車内喫煙禁止


2014年7月以降の状況を表している。「列車内喫煙禁止とは喫煙室を排除した完全禁煙を指す
中国政府は高速列車内での喫煙を禁止しており、違反者には最高2,000人民元(約32,500円)の
罰金が科せられる。英国では50-200ポンド(約28,000円)の罰金が科せられる。
★★長野駅を通過する北陸新幹線は完全禁煙である

 Smoking ban in railway in the host countries of Olympic
English Version

解説 第二次大戦後のオリンピック開催都市は上記のごとくである。最近3年間の鉄道列車内での
喫煙行為の可否を列挙している。日本では喫煙規制に関する国法がなく、オリンピック開催を控え、
「世界最低の喫煙規制国」との汚名を返上すべく、厚生労働省は規制内容の「たたき台」を公表して
いる。しかし、上記に記載したように、今回の見直しでも、世界基準とは全く異なり、日本政府は
密閉された列車内での喫煙行為を認め、喫煙室の設置を許しており、2020年以降も「機密性の高い
列車内での喫煙行為」を禁止することなく、サポートする「世界で唯一の国」となっている。幸い、
JR東日本、JR北海道、JR四国では夜行列車を除き列車内喫煙を禁止しているが、米国、カナダでは
3泊4日の寝台列車でも車内での喫煙行為を排除、ロシアでは6泊7日で走行するシベリア鉄道を含め、
すべての列車に喫煙室を設けていない。

JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道では堂々と、喫煙車両、または喫煙室を併設した列車を運行させ、
将来も喫煙ブースを廃止する意向を全く示していない。今までのオリンピック開催国では考えられな
かった事態であり、諸外国では日本の開催国としての適性に大きな疑いを抱くことになる。また、
世界各国が列車内のような閉鎖空間内での喫煙行為を厳しく取り締まっているなか、日本は閉鎖空間
内の喫煙行為を保護しており、国内の乗客を含め、最近増加してきている海外からの旅行者の顰蹙
(ひんしゅく)を買うことは必至である。早急に世界基準に合致した規制、列車内での喫煙室設置
を禁止する立法措置が求められている。

「一匹狼の国」著者 医学博士 宮本順伯


世界の鉄道車内は完全禁煙



ロシア喫煙規制

今までタバコに寛容だったロシアが、ソチオリンピックを契機に屋内での喫煙行為を完全禁止した。
「釣り針を断ち切ろう!」
と、ロシア保健省は大きな公共広告を街中に掲示し、喫煙者がタバコ会社の
糸に操られ、やがては死に至る様を警告している。ほとんどの国ではホテルの喫煙客室の設定をホテル
側の裁量に任しているが、ここロシアでは2014年6月から喫煙客室の全面廃止とホテル屋内での喫煙
行為を禁止している。レストランおよびバーも例外ではない。屋内施設では全面禁煙となっており、
飲食店側もそれを当然のこととして受け止めている。喫煙を許していた、9,289キロを6泊7日かけて走る
長距離列車内でも、いまや喫煙行為は全く不可。「一匹狼の国」 35頁記載

日本の新幹線、JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道、JRの夜行列車には喫煙車両を連結(または喫煙ブース)
を設置しているが、このような非健康的な野蛮行為を認めている国は皆無である。国民の健康を守ることが
第一か、世界で実施されている鉄道車内規制を無視して、タバコ税収を優先させて喫煙者の主張を守り
抜いていくか、政府当局の判断能力が試されている。




 WHO:日本における鉄道車内喫煙規制は前世紀並み

 列車内の喫煙室を上質の旅客サービスと考える(時代錯誤の)JR 東海、JR 西日本
・・技術は優れているが、判断力は最低

Three major Japanese railway companies think that the smoking car and/or smoking booth
in a train are the superb service for train passengers.

The smoking room in the train infringes the health of the passengers.(英語版)

 2017年、JR西日本とJR東日本の豪華寝台列車に(乗客の健康無視の)喫煙車両を新規製造
A new deluxe sleeper-train provides smoking vehicle.
堂々と喫煙車両を運行する健康無視の近畿日本鉄道(タバコ有害煙と共に走る近鉄特急)
The railway company leading a passenger to health damage
The smoking room in the train adversely affects the health of the passengers. (英語版)

2012年、喫煙室を排除した人気の完全禁煙「レールスター」を廃止
Seven-Starsを除く、すべての夜行寝台に喫煙車両を連結
新幹線 N700 に喫煙ブース
九州新幹線に喫煙ブース
北陸新幹線は完全禁煙

All Hokuriku shinkansen trains are smoke-free.



 日本の受動喫煙対策は世界最低レベル
Health ministry urges smoking ban for restaurants, other indoor spaces.
厚生労働省白書 
2016
世界の49カ国では、学校、飲食店、鉄道などの公共の場で「屋内全面禁煙」とする法規制を実行
塩崎前厚労相、WHO アサモア・バー事務局次長と会談 2017年4月
・・
分煙では効果ない、五輪契機に公共的閉鎖空間内の完全禁煙を
A partial smoking ban is not effective. It is really desirable to install the law to prohibit
smoking in the enclosed public space.
 分煙制度を基調とした厚生労働省提案(加藤厚労相)2018年1月
The worst anti-smoking measures have announced by Japanese Government in 2018.
Olympic healthy sports environment is frustrating.





Indoor smoking ban in each country
'一匹狼の国' 口絵より引用--著者自身が自己の現地検証と複数の信頼できる資料をもとに作成
ワインレッド色:屋内全面禁煙を強いる国法がなく、制定に向け具体的な動きがない国で、日本と中国などが該当する
日本と違うことは、中国では全高速列車車内は完全禁煙、首都北京および大都市、上海では全ての飲食店など公共的空間は全面禁煙と
なっている

Copyright (C)2015 Junhaku Miyamoto All rights reserved.
「一匹狼の国」口絵より転載:画像は著作権法によって保護されています(複写転載禁止)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


Railway Travel around the World 世界鉄道旅行
  All railway trains should be completely smoke -free.

 鉄道全面禁煙化は世界の常識
Smoking ban in the railway trains of the world




日本で唯一、
全車禁煙のクルーズ寝台、七つ星 (JR九州) 
全車禁煙の豪華急行、Royal Express (伊豆急、東急電鉄)

English Version
Japan only allows smoking in the train.


宣言 2018年11月22日 宮本順伯

自己の健康を守るため、飲食店は必ず全席禁煙の店を利用、
どのような状況でも時間分煙、完全分煙の店は利用しません
ホテル、旅館は原則全室禁煙のところに宿泊します。



列車内喫煙を許している国は日本のみ( 世界の鉄道車内は全面禁煙)
2010年8月執筆 2012年7月加筆 2013年9月加筆 2014年7月加筆 2017年1月加筆 2017年8月加筆 2018年2月加筆
執筆 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
by JR-Tokai and JR-West was up in YouTube by Anthony Leong.
The contents and photographs were provided by Junhaku Miyamoto, MD, PhD.
The article was written in August 2010, and a revision was made in July 2012, in September 2013,
July 2014. January 2017, August 2017, February 2018.and June 2019.



JR九州に全席禁煙の豪華寝台特急誕生
A newly introduced sleeper train prohibits smoking in the train.





Smoke-free Hotel and Travel


受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn Twitter@criticismjpn