english index tobacco control 日本語索引



分煙を基軸とした東京都受動喫煙防止ガイドライン


喫煙は病気 それとも文化? 

猪瀬前東京都知事

「たばこや酒は伝統的な日本文化の一つ。『たばこは悪』という原理主義的な考えで突き進むと、江戸時代から続く
文化が失われてしまう」と文化論を盾に増税を牽制するのは喫煙常習者でもある東京都猪瀬直樹前知事。
「消費者の側に立って考えるのが市場社会で、それを否定する考え方はファシズムだ。大学構内や駅の全面禁煙のように、
何でも禁止して喫煙者を締め出す考え方は疑問だし、日本人が幼児化しているようにも感じる」とも言い切った。

引用 2009.11.23 産経ニュース

前石原東京都知事、フランス・ロ−ザンヌにて

前石原原東京都知事、全面禁煙条例に否定的

前石原東京都知事は、神奈川県が、レストランやパチンコ店を禁煙とする方針を明らかにしたが、どう思うかとの質問に
対して、「初めて聞きました。私も喫煙者じゃないから『なるほど』と思うけど、タバコを吸う人は自分の趣向で
吸ってるんだろうし。良し悪しの問題じゃないね」「東京都は同様の条例の制定を考えてません。かといって喫煙を
奨励しているわけじゃないよ。人間の趣味の問題でね。難しいですな。法律が一律的に規制するっていうのはね」。

引用 毎日新聞 2008.4.19


石原東京都知事は2010年2月に厚生労働省が都道府県に対し、公共的施設の全面禁煙を求める通知を出したことについて
「私がトップダウンで決めることではなく、担当部門などの意見をまとめて決める事柄である」とし、東京都としての
考えを示さないことを表明した。


ニューヨーク市知事と東京都知事との喫煙規制に関する見解の相違

コメント

石原知事はヂーゼル車の排気ガス問題で、あれだけ熱弁をふるったのに、タバコ規制の発言が全くなく、受動喫煙問題を
無視して来た。毎日新聞記事によると、知事はタバコは「趣味」といっており、自民党前政府トップと全く同じような
認識しか持ち合わせがない。

浜松市の加藤一晴先生は石原発言の背景を次なように指摘している。
・喫煙率の低くない作家仲間を擁護している
・喫煙擁護スタンスの副知事を抜擢したこと
・実弟の病気が、喫煙で悪化したものとの認識が希薄なこと

「神奈川県が禁煙条例を検討していることを初めて聞きました」とは、ただあきれ果てて、この人が東京都の行政の
トップかと思うと返す言葉もない。また、石原知事の任命した猪瀬直樹副知事は、「タバコは日本文化の一つで、
大学構内や駅の全面禁煙のように、何でも禁止して喫煙者を締め出す考え方は疑問だし、日本人が幼児化している
ようにも感じる」と言う。では、喫煙者に他の人々の健康を侵害する権利はあるのでしょうかと問い正したい。
このような考えの人たちが東京都のブレーンにいたのでは世界から見放されても仕方ないでしょう。
こうした視点がある限り、欧米の人々から軽蔑されるだけで、オリンピックに再度立候補することなど到底考えては
ならないことでしょう。都民の税金を何千億円も浪費することなど絶対に許されることではない。

都政モニーター調査の結果をみて半数以上の都民は分煙方式がよいと答えているが、多分多くのチェーン飲食店で
そうした設備のもと営業しているし、新たに発足する神奈川県の分煙条例もあり、漠然とそれが良いと思っているに
違いない。しかし、こうした
分煙方式は先進国で廃棄されたもので、しかも室内を分煙するとの考え自体が
極めて異常な考えであること
、分煙では、喫煙空間で働く人々の健康を守ることが不可能であることなど
全く意識にない。ここで世界の情勢に全く疎い日本の実情と、多くの日本人のタバコ副流煙に関する思考水準の低さが
改めて鮮明となった。


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

東京都はレストラン、ホテルなどを分煙とすることを推奨



同じ部屋を衝立で区切っても吸っている空気は同じ。禁煙席、喫煙席の表示は「タバコを吸わない人の座る席」と
「タバコを吸う人の座る席」を指定しただけで、全く無意味。
タバコの有害煙を吸うリスクは禁煙席、喫煙席共にきわめて高い。客の無知に便乗した商品偽装表示


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

世界の動向に真っ向から挑戦する愚策

東京都が受動喫煙防止ガイドラインを改定
幅広い分煙対策制度を提案

2011年11月、東京都の受動喫煙防止ガイドラインが改定された。受動喫煙対策として飲食店にとって
は、それぞれの実情に合わせた分煙策を選択でき、分煙に関してより幅広い対応が可能な内容に
なっている。

「公共の場所は、原則として全面禁煙とすべき」としつつも、「施設の種類、態様や利用者のニーズ等
に応じて、喫煙可能区域を設定することができる」と記され、より施設や店舗の事情に合わせた分煙が
可能な表現となっている。東京都の保健政策部 健康推進課の担当者は「ガイドラインの内容は
基本的に以前のものを踏襲しつつ、情勢に合わせて表現等を一部変更しました」と事情を述べている。
ガイドライン改正の内容の中には「対策推進のための方策として、利用者が禁煙・分煙の店を選び
やすくするため、店頭表示の促進を図ることも有効」とされている。

東京都の担当者は「研修会等を通じて意識を高めたり、実際にどのような方法で分煙を行えばよいのか
を伝えることに主眼を置いています」と語り、「全面禁煙」でなく「分煙体制」を推奨しているようだ。

大きな疑問は、実際に、都ではガイドラインの制定に加え、受動喫煙防止対策の研修会を2003年から
実施し、その考え方やノウハウを伝える努力を続けて来たそうだが、一体だれが講師となって、
こうした受動喫煙防止に相反する形態を教えてきたのか、ただあきれ果てるのみである。東京都の
関係者は、日本が「屋内全面禁煙」を定めたWHOタバコ規制枠組み条約の批准国であり、屋内全面
禁煙規制を世界に公約したことをまさか知らないのであろうか?

屋内空間を分割して規制する考え方は先進国では日本以外に存在せず、分煙が受動喫煙防止に何の
効用ももたないこと、分煙では受動喫煙被害を防止できないことは世界保健機関(WHO)で何年間に
及び広報してきていることなど、どこ吹く風である。


「10年後の東京」・・時間分煙、空間分煙、完全分煙社会の形成へ

東京都福祉保健局では「10年後の東京」計画に基づき、飲食店での受動喫煙防止を推進しています。 
飲食店の店頭にわかりやすく表示されれば、たばこを吸う人も吸わない人も、お店を選びやすくなり、
結果として、利用者の受動喫煙の機会を減らすことにつながります。東京都は、お店の対策に
あわせて貼れるステッカーを作成し、店頭表示を呼びかけるリーフレットとともに配布します。
飲食店が、全面禁煙、完全分煙、空間分煙、時間禁煙の4種類の中から選んで貼れます。


店頭表示ステッカー

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


東京都医師会「受動喫煙防止」に関する意識調査 公開回答

質問 1.「健康増進法」に罰則規定を設けることに対する意見
・・ 反対である。 「健康増進法」は単なる努力義務を謳ったもので、極めて不完全な法律である。
そうしたあいまいな内容に罰則を設けること自体が無理なこと。「健康増進法」に 代わる
「受動喫煙防止法」の制定が問題を解決する。しかし、注意すべきことは、 分煙制度を是認する
法令はタバコ会社の思うつぼで受動喫煙を阻止できず逆効果。

質問 2.FTTCのことは十分に承知している。日本は正式な条約の批准国である。 しかし、
国は公に署名した国際公約を無視し続けている。嘆かわしいことである。  

質問 3.現時点では「東京都受動喫煙防止条例」の制定には反対である。

理由1.東京都庁の条例検討委員が分煙を柱に受動喫煙防止法を検討している。 石原知事は
タバコ規制に無関心であり、猪瀬直樹副知事はタバコ規制を「ファシズムだ」として
強い反対の立場をとっている。

理由2.元神奈川県知事、松沢氏は都内に事務所を設置、タバコ会社に迎合する かのように、
「完全分煙社会」を主張して都道府県などに働きかけている。

理由3.日本では「受動喫煙防止条例」のお手本として神奈川県条例をたたき台と して
検討する動きがあるが、この県条例は世界最悪とも批判されているもの。 これを模した
兵庫県受動喫煙防止条例は、本来の目的に反し、室内喫煙空間を是認したものに後退し、
神奈川県条例と同じく悪法のそしりを免れない。

理由4.「受動喫煙防止条例」は本来、国が制定すべき性格の法律で、都道府県が規制案を作成し
ても、飲食店や娯楽産業の利害関係に強く影響されて分煙制度を確定することに終わる。
「分煙制度」の法制化は絶対に避けねばならない!

理由5.厚生労働省が「空間分煙」を広報し、喫煙室の整備の経済的助成を行う 今の政権では
何も出来ない。ここで政府が分煙制度の撤廃を明言し、タバコ副流煙の有害性をテレビで
広報するような画期的な政策転換を行わない限り、タバコ規制枠組み条約に沿った「全面禁煙」
社会は日本では実現しない。

2012年3月18日 「禁煙席ネット」宮本順伯


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


どちらもどっち

猪瀬氏は著名な喫煙者である。猪瀬は、『税収に貢献する喫煙者のどこが悪い!』というコラムで、ヒステリックな
禁煙ファシズムを批判した。また、2000年頃に大学の禁煙の教室で喫煙しながら教鞭を取ることもあった。
ある学生がそれをいさめたところ、猪瀬は「私の講義中はこの教室は分煙だ。君らの席は禁煙でも教壇は喫煙席である。
文句があるなら受講していただかなくて結構」とはねつけたという。なお、教壇との学生との間に仕切りがあるわけではない。

2010年3月、猪瀬直樹の「眼からウロコ」というコラムに、『全面禁煙化は中小企業や飲食店には厳しい。
タバコ税は国と地方をあわせ2兆円規模で安定した財源でもある』と書いている。

2012年11月、前神奈川県知事の松沢成文氏が都知事に立候補するとの表明のなかで、「公的施設では吸わない人の
健康を守るために、禁煙か完全分煙とする」と述べたことに、猪瀬氏は、神奈川は県議会ではタバコが吸えることを
指摘し、神奈川県の受動喫煙の防止対策を問題視した。これに対して、松沢氏は県議会は「分煙」としていると反論し、
猪瀬氏がパーティ会場で「分煙」にせずに「喫煙」としていることを批判した。




オリンピック開催都市にはレストラン、バーを含む飲食産業での全面禁煙、鉄道施設での全面禁煙が必須である。
IOCは1988年よりオリンピック大会での完全禁煙を求めている。このままたばこ産業に牛耳られている日本社会を
転換しない限り、1300億円以上と伝えられるオリンピック招致関連費用は水の泡と化すことは必至とも見られていた。
しかし、・・・

2020年夏のオリンピック開催国投票で、最有力候補とされていたマドリッドが経済的不安からであろう、
第一回選考でイスタンブールに僅差で敗れ、「まさかと思わせる番狂わせ」が発生した。その結果として
東京が浮上、開催権を獲得した。水面下での招致工作、「おもてなし」を前面に出した、フランス人を
父親に持つ、滝川クリステルさんのプレゼンテーションなども大きく功を奏したと思われる。予想外の
福島の汚染水問題に会場の関心が集中し、安倍首相の断定的な「It's under control」という、根拠に薄い
回答で救われ、日本の最大の弱点である喫煙規制問題がその陰に埋もれてしまったことが、その背景にある。

飲食店では自由喫煙、不完全分煙の多い東京で、数多くのオリンピツク参加者から大きな非難が引起こされる
であろう。飲食店に限らず東京のホテルにおける喫煙客室の多さは突出している。中国の車両デッキでの
喫煙行為は報道されているが、世界で正に堂々と喫煙車両を走らせているのは日本国のみである。数年前まで見られていた
オーストラリア鉄道、フィンランド鉄道の喫煙ブースも、今や完廃されている。喫煙規制に関する限り、日本は
世界でも全く異常な国となっている。

今の状況を改めて公共的空間の全面禁煙を実行するのは非常に難しい。日本国内で解決できないときは、
恥ずかしいことであるが、外圧によって自国内の異常性を気づいてらうしかないかもしれない。

2012年12月執筆 2013年9月加筆 日本タバコフリー学会顧問「禁煙席ネット」主宰 医学博士 宮本順伯


 屋内全面禁煙を:小池東京都知事
(しかし、平気で都民の期待を裏切り、分煙制度への経済支援を表明し緑の狸と化ける)
「国際標準」からほど遠い条例を提案



意見広告を兼ねた中吊りポスターCOPYRIGHT(C) 2015. JUNHAKU MIYAMOTO
2015年10月にJR車内中吊り広告ですが、69頁の風刺画がその一部に組み込まれました

English Version



日本と海外のホテル禁煙設定についての最新現地情報
受動喫煙問題を勉強するすべての人に 受動喫煙防止法作成検討者 必読のハンドブック

「一匹狼の国」世界の喫煙規制検証最新版
著作 「禁煙席ネット」主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
この本は「受動喫煙防止」先進国の現況を記述しており、ホテル、飲食店経営者、鉄道事業者、
政治家を読者対象として書かれたもの



分煙を基軸とした東京都受動喫煙防止ガイドライン
2008年4月執筆  2009年11月加筆  2011年12月加筆 2012年3月加筆 2012年3月加筆 
2015年1月加筆 2015年8月加筆 2016年5月加筆
著作権 禁煙席ネット主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯 ミヤモトクリニックフォアウーメン




「屋内全面禁煙の法制化を」受動喫煙防止でWHOが各国政府に勧告



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.

 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト

 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論   猫でも分かる「だまし」のサマータイム
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  テレビ小窓の人物表示をやめよ   朝日新聞論壇 「男女産み分け親の権利か」
 朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土  生活基盤と自然とを調和させた未来を
 喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net アクセスの多いサイトを含めた索引
COPYRIGHT(C)2006-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter
女性限定全館禁煙マンション(PR)
Junhaku Miyamoto: profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban