UN headquarters



WHO welcomes a smoking ban at the UN headquarters.

The resolution passed by the General Assembly in November 2008 imposes on indoor smoking and
tobacco sales at UN headquarters in New York. The General Assembly deserves congratulations for
protecting the health of delegates, employees and visitors," said WHO Director-General Dr Chan.
"Fewer of them will sicken and die prematurely as a result of today'saction. Tobacco is the leading
preventable cause of death, killing 5.4 million people per annum from lung cancer, heart disease and
other diseases, according to the WHO Report on the Global Tobacco Epidemic, 2008. There is no
safe level of second-hand smoke, the report says, citing research by the WHO International Agency
for Research on Cancer, the Surgeon General of the United States of America, the United Kingdom.
Scientific Committee on Tobacco and Health, and the Conference of the Partiesto the WHO
Framework Convention on Tobacco Control (WHO FCTC).

Source: World Health Organization ( 6 November 2008 )


UN Headquarters, New Yok City.


国連本部ビルで全面禁煙

2003年3月、屋内公共スペースが全面禁煙のニューヨーク市で、唯一喫煙が許されていた国連本部ビルが
全面禁煙となる。国連総会が禁煙実施を求める決議を全会一致で採択した。5年前に事務局が全面禁煙を
実施しようとした際に、ロシアやチェコなどの外交官が「事務総長が国連外交官の行為を禁止する権限はない、
禁煙にするなら加盟国の総意が必要」と抵抗し、規制案が頓挫した経緯がある。

国連総会が全会一致で採択した決議では、受動喫煙が非喫煙者の健康に害になることを懸念し、国連本部内で
の喫煙、タバコ販売の全面禁止を決定した。国連事務局によると、全会一致で決議が採択されたため、近く
全面禁煙が実施されるのは確実である。

しかし、国連の総会決議には拘束力はないと言われ、決議の存在を知らない外交官もいる。禁煙標識を無視し、
ラウンジで交渉相手を待ちながら喫煙していたドイツの外交官はその効力は疑問だと述べている。ただ、
こうした外交官特権を盾に違反行為を続けて行けば周囲の人々から白い目でみられ、その結果、国家の
威信を傷つけることになる。
参照 2008.11.20 毎日新聞
参照 2008.11.25 産経新聞


国連本部ビルで全面禁煙
2008年11月執筆
執筆 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
The article was written in November 2008, by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.




Gates, Bloomberg Pool Riches to Fight Smoking.




Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban