日本道路起点、日本橋の上の醜い高速道路撤去を決定
Decision to remove Expressway above Nihonbashi-Bridge



一匹狼の国」76頁にても指摘されていた醜い日本橋上空に架かる首都高速道路問題が決着した。
当初は5000億円とも言われていた事業費を、既存路線のトンネルを活用することで3200億円に
圧縮する。都心環状線の江戸橋ジャンクション付近から地中化し、日本橋の下を通過して
既存の八重洲トンネルに接続する。ただ、既存路線の活用に伴い新たな問題も生じている。
現行の道路構造令を満たしていないKK線などを通るルートに切り替えるためである。
現状は耐荷重が足りず、直角に近いカーブもある。大型車が通れるようにするには、その区間を
改良したり、代替ルートを新たに建設したりする必要がある。呉服橋、江戸橋の出入り口は
廃止する。都心環状線の日本橋方面と汐留ジャンクション方面の接続を廃止し、向島線に
直通させる。KK線改良を含めない建設費のうち、首都高が2400億円を負担する。

新たに建設する地下ルートの延長は1.2km。事業費の内訳は、トンネル掘削などの本体工事に
1030億円、用地の取得費や建物移設の補償費などに1110億円、日本橋川に架かる橋の架け替え
といった関連工事に590億円、都心環状線の高架橋撤去に470億円と見込んでいる。

日本橋付近の地下には、東京メトロの銀座線、半蔵門線、東西線と都営浅草線の4路線に加え、
様々なライフラインの管路など既存インフラが網の目のように埋設されている。首都高を地下に
通すには各インフラの防護や移設が必要となる。同省道路経済調査室の沓掛敏夫室長は
「針の穴を通すようなルートになる」と説明した。 2020年の東京五輪後に着工する予定である。

引用:日経コンストラクション、日経新聞、産経新聞


日本橋を覆う高速道路の撤去を決定
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written in August 2018, by Junhaku Miyamoto, M.D., Ph.D.




提供
www.dorachan.net