english index tobacco control English Index



Tobacco Control in the City of Paris



Smoking Ban in a restaurant, bar and trains in 2008


(L) A symbolic iron structure of Paris, The Eiffel Tower (M) No-smoking sign board in a station of SNCF
(R) A penalty notice of 68 Euros for smoking inside the buildings

SNCF TGV trains are very attractive. The photos show the first class train in the left, the second class in the right.

(L) No smoking sign observed at the entrance to a restaurant. However, a shop which shows no-smoking is very small.
(R) Most of the restaurants and cafe have an outside chair and sheet placed in a walkway.

Smoking women and men at a city street

(L) A woman smoking while walking a street (R) Parisians at a roadside cafe are watching the nearby world. Smoking is allowed here.

(L) A lot of cigarette butts thrown away in the Sanzelize Avenue (R) A roadside cafe in the Sanzelize Avenue, Paris

Cigarette butts threw around the area of railway track, seen at the Montparnasse station, Paris.

Tobacco sales in Japan  
International Comparison of Tobacco Price 2008-2016

Tobacco Retailer



Photographed in the City of Paris, June 2008 in a tobacco retailer in Paris.
The price of cigarette is ranged between 4.8 Euros and 6.7 Euros, as the average of 5.0 Euros per packet.


フランス受動喫煙防止法

フランス国内で施行されたレストラン、カフェ、バーを含む禁煙法(受動喫煙防止法)は屋内で厳正に実施されていた。
その分、屋外の法的喫煙規制はとられておらず、レストランのテラス席、イコール、喫煙席となっていた。カフェでは
道路側の扉を開け放していることが多いため、屋外席で吸っているタバコの煙が室内にまで流れ込んでくる可能性を
否めない。市内では観光客を含め、多くの人々が歩きながら喫煙していた。特に多いのは、これは世界共通のことで
あるが、若い女性の姿が目立っていたことだ。

タバコ自販機は一台も見あたらなかった。タバコを販売している店は観光客の歩いているパリ市内ではなかなか見つからない。
モンマルトルの近くでカフェ・バーを兼ねているタバコ店でコーヒーを注文した。そのときの許可を得て写したものが上の
写真である。価格は1箱、4.80ユーロから6.70ユーロの間で5.00ユーロのものが多い
(1ユーロは、2008年7月現在、170円)である。ちなみにシャルル・ド・ゴール国際空港での「ケント」の価格は、
免税で1カートン、34ユーロ、税込みで55ユーロである。

フランス国鉄のすべての国際列車、国内長距離列車の車両は100%禁煙である。それは SNCF の方針であると共に、禁煙法
(受動喫煙防止法)により車両内での喫煙が厳しく規制されているためである。タバコのヤニに汚染されていない、
クリーンな車体は、そのデザイン性、快適性と共に世界に誇る高速鉄道網を提供している。喫煙ルームを車内に設け、
喫煙車を運行している日本の鉄道はきわめて不健康で、世界の常識から著しく悦脱していることをよく認識して欲しい。



パリ市内タバコ規制
2008年8月執筆
禁煙席ネット主宰 タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
記事および写真の著作権は宮本順伯に帰属
「禁煙席ネット」へのリンクは自由
The photographs were taken in June 2008, and the articles were written by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.
Information was added in June 2019.

 Paris 2011
 Paris and Marselle extend smoking ban to parks and beaches 2019.
 A smoking ban in China 2019





Smoking Ban in European Countries
 Italy  Malta   Ireland    North Ireland   UK   Germany   Switzerland 
 France   Holland  Portugal   Spain   Norway  Sweden  Denmark  
 Iceland   Finland



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
 Domestic travel in Japan
 Smoke-free should be the minimum standard for the host city in the Olympic.
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.


www. smokefree.jpn.com

COPYRIGHT(C)2006-2019 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter
Smoke-free rental condominium in Tokyo (PR)
Junhaku Miyamoto: profile



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban