english index tobacco control 日本語検索



地球温暖化


Picture source: NHK BS1News, December 5,2019

熱波、干ばつ、洪水、氾濫など、世界各国の被害状況を調査したドイツのNGO(政府間協定によることなく設立された国際協力組織)は、
2018年1年間で異常な気象による最も深刻な被害を受けた国は、西日本豪雨、台風、猛暑に見舞われた日本であったと発表した。
被害上位3か国のうち、先進国の日本と高温や日照りの続いたドイツがあげられる。しかし、著しい気候変動は世界中の国と地域で問題を
引き起こしている。異常気象により世界全体では過去20年間に50万人近くの人が死亡し、損失は385兆円を超えている。


Picture source: NHK BS1News, December 5,2019

Picture source: NHK BS1News, December 5,2019


会場ではアメリカや東南アジアの環境団体などが石炭火力発電をテーマにしたシンポジウムを開いた。石炭火力発電は天然ガスなどに
比べると温室効果ガスの二酸化炭素の排出量が多く、温暖化の一因とされ、出席者は「すぐに石炭への依存をやめなければいけない」
などと訴えた。

そして、梶山経済産業大臣が「石炭火力発電所は選択肢として残していきたい」と述べたのを受けて、国際NGOが、温暖化対策に
消極的な国に贈る「化石賞」に日本を選んた。


Portage Glacier, Alaska: Photographed by Dr. Miyamoto


「北極の氷が溶けている…」、「界面が上昇して南の島が沈む…」「世界中の氷河がとけていて、アジアだけで20億人が水不足になる」
との差し迫った危惧がある。 干ばつや水不足に悩まされるアフリカのキリマンジェロは、2022年に全ての氷山がなくなり、
深刻な水不足、食糧不足に陥るという調査報告も出ている。エベレストがあるヒンドゥークシュ地方の氷河は、21世紀末までに
恐らく3分の以上が解けてしまうと予測する報告書もある。

地球温暖化をこのまま放置すれば、いつか世界は破滅への道を歩んで行くことになる。待ったなしの対策が必要だ。



 


スペイン・マドリードで開かれた国連気候変動枠組み条約(COP25)で小泉進次郎環境相は、国際的な批判が高まる石炭火力発電の
今後の利用に対する具体的な言及はなく落胆の声が聞かれた。一方、全身で気候温暖化の危険性を訴えているスエーデンの国際的
活動家、グレタ・トウーンベリさんの力のこもった演説には強い関心が寄せられた。



ハワイ・カウアイ島でソーラーパネル+リチウム蓄電池で電力使用量を賄う 2017年構想


島全体の電力を太陽光発電とバッテリーでまかなう試みを実現させていたテスラが、今度はさらに大規模な設備をハワイの
カウアイ島に完成させた。この設備では約5万5000枚ものソーラーパネルを使ったメガソーラーと、272台のテスラ製蓄電装置
「Powerpack」(パワーパック)を使って人口約6万7000の島全体の電力を昼夜を問わず再生可能エネルギーである太陽光で
賄うというものだ。


太陽光発電+蓄電施設の全貌。総数5万4987枚のパネルと、手前に白く見えるテスラ製「パワーパック」を272台設置

Tesla Powerpacks + Solar Powering Kauai

サスティナブル(維持可能)なエネルギー施策を確実なものにするためには、信頼性があり、再生可能なエネルギー源が常に
確保される必要がある。ハワイ・カウアイ島は一年を通じて太陽の日差しが降り注ぐ島。従来のソーラー電力は、
晴れた日中しか電力を供給することが出来なかった、その状況を一変させるのが、パワーパックを使ったテスラの
発電・貯蓄設備だ。この設備では、13メガワットの電力を5万4978枚のソーラーパネルで作り出す。そして、
容量52メガワットアワーの巨大な蓄電設備に電力を蓄えておく。これらは全て、アメリカ・ネバダ州で稼働を開始した
超巨大バッテリー工場「ギガファクトリー」で生産されたもの。太陽光のない夜間は、パワーパックから少しずつ電力を
送り出す。「ソーラー発電+蓄電」というのが、この設備の最も重要な考え方だ。

太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの最大の弱点は「安定性が確保できない」という部分にあることが
指摘されてきたが、テスラのパワーパックはこの問題を膨大な量のリチウムイオン電池を使う力技で解決する設備という
ことになりそう。いわば「電力のダム」としてエネルギーインフラの重要な一要素になりうるのか、その真価が
これから試されることになりそうである。
Source: gigazine.net/news

太陽光発電





Picture source: NHK BS1 国際報道 December 10, 2019

ソーラパネルによる発電量は天候によって大きく左右されるが、その欠点を解決したのが、リチウムイオン電池である。
2019年1月に完成したハワイ・カウアイ島の電力起動システムは世界第二の規模で、米国一般家庭、5000世帯の1か月分を
蓄積することが出来る。これまでは安定的に電力を供給するためにはディーゼル燃料を使用してきたが、リチウムイオン
蓄電設備の導入によりディーゼル発電の稼働時間が大幅に減少した。

米国大手インフラ会社では、2010年以降リチウムイオン電池を使用した大型蓄電システムを全米21か所に設置予定。
電池のコストは5年で70%以上下落しており、機能も向上し、導入するケースの増加が見込まれる。2018年に設置された
コロンビア大学研究施設では、これまでレアメタル、コバルトに代わる安価で入手しやすいマンガンを使ったリチウムイオン
電池を作る技術を研究している。
Source: NHK BS1 国際報道 December 10, 2019



モンブラン氷河消滅の危機



モンブランの「氷の海」は全長11キロあるが、地球温暖化に比例して毎年、10メートル後退、地球上の温度が
2度上昇すると、毎年5メートル薄くなっており、観察用の階段が氷の融解に伴い、どんどん下へ伸びている。
過去100年間で数百万トンの氷が解け去ったと言う。


(L) 140年前の「氷の海」を歩く人々 (M) 1900年に300m, 1990年に180m, 現在はマイナス180m
(R) 氷河表面はどんどん削られて行く
Source: JT de 20h du jeudi 13 fevrier 2020


日本の現状参考サイト:Sustainable Japan


 地球温暖化への危惧と対策
2019年12月執筆 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This article was written by Junhaku Miyamoto, MD, in December 2019.



北陸新幹線長野車両基地浸水


Special Note
 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト

 テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム  朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」


www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2019 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban

   Twitter@worldview   Twitter: @smokefreejpn