english index tobacco control English Index  english index tobacco control 日本語検索



Difficulty in introducing a carpet smoking ban in China




   China


The satellite picture of China.


China is a national or multinational entity extending over a large area in East Asia. When the major
combat ended in the Chinese Civil War in 1949, two political entities emerging having the term 'China'
in their name. The People's Republic of China, known as China, has control over the mainland China
and self-government territories of Hong Kong and Macau. The Republic of China, known as Taiwan
has control over Taiwan and other three islands.


(L) Confucianism,Taoism,and Buddhism are one, a painting in the 12th century, Song Dynasty.
(R) Song Taizu, the founder of the Song dynasty
China has one of the oldest civilizations and continuous civilization. It has archaeological evidence
dating back over 5,000 years.

(L) Mao Zedong proclaiming the establishment of the People's Republic of China ( PRC ) in 1949.
(M) Deng Xiaoping initiated the PRC's market-oriented reforms in 1978, that was the start of
China to be the world's most fast growing economic giant.
(R) China President Hu Jintao with U.S. President George Bush.

A population density map of the People's Republic of China
The population of eastern and coastal provinces is much more dense than the western interior.

China: Ethnolinguistic groups. The most densely populated area is occupied by Han Chinese.

The economy is highly energy-intensive and inefficient. It uses 20% to 100% more energy than
OECD countries for many processes. It has now become the world's second largest energy consumer
behind the U.S., but relies on coal to supply about 70% of its energy needs. This has led to a massive
water and air pollution.Now, China has 20 of the world's most polluted cities.

Total population is estimated 1,346,000,000 in 2009, the world first. Total GDP is reported
7,926 trillion dollars in 2008, the world second.

Source: Wikipedia.

The difficulty in introducing a carpet smoking ban in China

The difficulty in introducing a carpet smoking ban underlines the grave challenges faced in a country
with the highest number of smokers. Beijing restaurants, bars and internet cafes have been exempted
from a proposed smoking ban at public premises in response to concerns expressed by business owners.



(L) A smoker at the line for airport taxi seen in the Shanghai Hongqiao Airport
(R) A man is smoking at the entrance of building., photographed in December 2008.
(左)上海虹橋(国際)空港・タクシー乗り場で喫煙(右)上海市の建物入口で喫煙

(L) No smoking sign plate in the Le Royal Meridien Shanghai. 
(R) There is no sign that enforces no-smoking in the dinning space, although, no one was smoking
inside of the restaurant of Le Royal Meridien Shanghai, photographed in December 2008.



Gulangyu is the well known iskand to a tourist, which is located off the coast of Xiamen in southern
China. Visitors can reach it by steamship from Xiamen City in about 5 minutes. Gulangyu Island is
famous for its delicate natural beauty, its ancient relics, and its varied architecture.



(L) Xiamen Gaoqi International Airport (R) Smoking room at Xiamen airport
These are photographed in August 2008.
(左)厦門(アモイ)高崎国際空港外観(右)厦門空港喫煙室
 
(L) Smoking room at the Xiamen airport (R) Tobacco sale at the Xiamen airport
These are photographed in August 2008.

(L) No smoking sign plate in the Sheraton Xiamen Hotel. (R) Xiamen, Gulangyu, China
These are photographed in August 2008.
 対岸から見た厦門市

A view of Xiamen from Gulangyu Island's hill top


中国は公共空間での喫煙規制を検討 

世界最大の「喫煙大国」中国が、公共の場所での禁煙に積極
姿勢を見せ始めた。 中国国務院衛生部は、2007年5月、「公共の場所での禁煙にはまず法を定め
なければならない」として公共の場所での煙規制の法制化を目指す意向を表明した。中国メディア
報道によると、衛生部は現在、国務院からの委任を受け、「公共の場所での衛生管理条例」を
改正する作業を進めているという。 

喫煙人口が世界第1位の3億5000万人の中国では毎年1800兆本のタバコを消費しており、タバコ
市場は3億2000万ドル(約367億円)と非常に大きい。

近年、受動喫煙(他人のタバコの煙を吸うこと)による被害が広がっている。英国、バーミントン
大学の張(KK Cheung )教授らの研究によると、50歳以上の人口2億4000万人の中で、受動喫煙に
よる慢性気管支炎、肺気腫、肺癌(がん)の死者総数は400万人になると推定されている。中国では
毎年190億元(約2850億円)の医療支出が受動喫煙によるものだという。衛生部は「受動喫煙の
危害が深刻に受け止められていない現実に対し、科学的証拠を列挙した」とし、被害拡大に警鐘を
鳴らすとともに、公共の場所などでの禁煙立法の必要性を訴えている。

2007年5月、衛生部は「2007年中国タバコ抑制報告」を発表した。報告では、中国の半数近くの
人々が受動喫煙の被害を受けている一方で、受動喫煙の危険についての認知率はわずか35%である
ことが指摘されている。一部の回答者には、部屋が換気されていれば、室内での喫煙も健康に
ほとんど害はないと考えている。
(筆者注)大多数の日本人がそう考えているだろう。タバコを吸わない人々が平気で喫煙の
許されている飲食店で酒を飲み食事していることから、受動喫煙の認知率は極めて低いと考えられる。

2007年5月、上海市健康教育所や上海市喫煙抑制協会などが「上海市中学生の副流煙に対する現状
認識調査」を発表した。調査結果は「副流煙は健康を害する」が79.5%を占め、可能性があると
考えている学生が9.3%、影響がないとの答えが7・5%であった。

中国では現在、レストランなど多くの公共の場所で依然として喫煙が認められている。喫煙規制の
モデルともなる2008年オリンピック期間中は、選手村や各会場内の競技場、観客席、通路、関係者
専用スペース、指定ホテルの客室、レストラン、フィットネスクラブ、ゲームコーナーでの喫煙が
全面的に禁止されると伝えられた。夏の北京五輪を控え、2007年10月、北京市はタクシーの全面
禁煙に踏み切り、違反者には罰金を科している。

引用 北京発 ロイター通信、共同通信 2007.5.29
引用 日中経済通信 2007.602
引用 中国「大紀元」The Epoch Times 2007.907

2007年12月、中国禁煙ハイレベルシンポジウム」が北京で開催され、国家機関が先頭に立って
禁煙を呼びかける「政府が率先した無煙環境への取り組み」の議定書が全会一致で通過、署名された。
「喫煙抑制報告」によると、中国には3億5000万人の喫煙者がおり、毎年喫煙関連の疾病による
死亡者は約100万人いる。タバコは約5億4000万人の周囲の人にも副流煙の害を及ぼし、
その中には1億8000万人の15歳以下の子供も含まれる。

議定書では、国家機関の各部・委員会の公共スペースでは全面禁煙化にし、各級政府機関に対し
禁煙に関する政策を打ち出すよう呼びかけた。また、国家機関の各部委員会の職員は公共スペースや
職場において禁煙規定を遵守し、喫煙者には禁煙を勧めるよう提起している。

引用 asahi.com.2007.12.16

禁煙区域で喫煙した場合の罰金額は、個人で10元(日本円で約150円)、飲食店の経営者で最高
5000元(約7万4500円)である。10万人の禁煙監視員が飲食店や飲酒場所などを回り、禁煙
区域が規定通りに設置されているかどうかをチェックし、違反を摘発するとともに、当局に報告する
「禁煙警察」の役割を担う。


しかし、このような人海戦術にもかかわらず、「喫煙者天国」である中国では効果が極めて限られる
との見方も出ている。中国は世界の喫煙人口の3分の1に当たる3億5000万人を抱えている。バス
停留所で、また歩行中に喫煙する人は多い。1987年から数回にわたり禁煙措置を発表したが、
市民の意識は高まらず、喫煙規制はよく守られているとはいえないのが現状という。
引用  Explore Tianjin 2008.1.26

2008年1月、北京市は、『北京市公共場所禁止吸煙的若干規定』を公表し、この中で2008年
5月から、ホテルやレストランなど公共の場所ではすべて禁煙にすると発表した。しかし、
この規制案は経営者らの反発で大きく後退し、喫煙席と喫煙席を分けることで妥協した。
ホテルなど宿泊施設では禁煙客室の設置を義務付けた(喫煙客室の誤りではない)。

中国紙チャイナ・デーリーによると、政府機関、スポーツ施設、病院、博物館、小中学校など、
公共の場所が全面禁煙となるものの、レストラン、バー、インターネットカフェなどについては、
喫煙席と禁煙席を分けることが義務付けられるのみで、引き続き、飲食店内での喫煙が認められ、
公共の場所を全面禁煙とする北京市の対策から飲食店などは除外されている。 北京市の担当
責任者は、「大小飲食店の経営者が客足の減少を懸念したため、規制を断念した」と話している。
「飲食店での喫煙は文化の一部となっていて、制限するのは難しい」という。

引用 AP(北京)通信 2008.4.14

中国は新しく生まれ変わると期待したが、そうでもないようだ。
「やはり古き悪しき習慣にこだわる中国」なのであろう。

「中国青年報」の報道によると、「無煙五輪」を実現するため、北京市では2008年5月から
大々的な禁煙キャンペーンを実施し、これまでに約1万5000か所の公共スペースを調査し、
違反していた96ヵ所に警告を与えた。しかし中小の飲食店では、禁煙スペースを設置する余裕が
ないだけでなく、利用客に注意するのも難しく、「有名無実」となっている。首都医科大学の
教授は「喫煙を認めると、例えばレストランの従業員は1日あたりタバコ1箱半を吸った量に
相当する害を受ける」と間接喫煙の有害性を警告しているが、これも無視されている。

一方、タクシー業界でも2007年9月から北京市内の6万6000台を対象に禁煙がスタートし、
運転手が喫煙を通報された場合は、200元(約3000円)以下の罰金が科せられるとした。
しかし、乗客に禁煙を強制できないので事実上喫煙規制は守られていない。

引用 Yahoo!ニュース 2008.8.02


Smoking Ban in China
Difficulty in introducing a carpet smoking ban in China. Smoking declines as tobacco taxes increase
Smoking Ban in a restaurant looks hazy. Smoking Ban in a restaurant appears to fail.
A new smoking ban in Beijing 2015


中国・・受動喫煙で年間10万人死亡、5億人以上が被害
2007年6月執筆 2007年9月加筆 2007年12月加筆 2008年1月加筆 
2008年4月加筆 2008年8月加筆 2008年12月加筆 2009年11月加筆
「禁煙席ネット」主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
The article was written in June 2007, and last revised in November 2009,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.




Tobacco taxes increase proposed in China



Special Note
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
 テレビ小窓の人物表示をやめよ  朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を  喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net アクセスの多いサイトを含めた索引
COPYRIGHT(C)2006-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性限定全館禁煙マンション(PR)
Junhaku Miyamoto
profile


smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban