english index tobacco control English Index

 



Smoking Ban on Restaurants, cafe and Trains in Italy



An official ban on smoking in all enclosed public places has come into force in Italy in January 2005. It aims to
protect against passive smoking and deter those who pursue a habit that is calculated to kill 90,000 Italians a year.
The new law obliges restaurants, bars, offices and factories to prohibit tobacco use on their premises, unless
they provide special sealed off rooms with smoke extractors. In reality, few retailers will be able to fulfill this
condition, making it practically impossible to smoke in any public places.

A fine of up to 2,000 euros may be levied on businesses, which fail to comply with this law. Smokers themselves
may be fined up to 275 euros. The fine can double if a smoker lights up in front of children or pregnant women.
Italy is the third European country, after Ireland and Norway, to bring in a smoking ban. The British government
has revealed plans to follow suit. A recent White Paper on public health calls for a smoke-free environment in
workplaces and establishments that serve food by 2009 across England.

Source: European Public Health Alliance*, April 25,2007.
*International non-profit association, Belgium



The map of Italy produced by the U.S. Intelligence Agency

(L) The Leaning Tower of Pisa is the campanile, or freestanding bell tower, of the cathedral of the Italian city of Pisa,
known worldwide for its unintended tilt to one side.
(R) The Grand Canal in Venice: These pictures were taken in April 2006.
 
(L) No-smoking sign plate posted at the entrance door of a restaurant of Palermo, Siccily.
(R) The inside of a smoke-free restaurant
 
(L) This photo shows a corridor of the Centrale Palace Hotel, Palermo, Sicilly.
The whole hotel space is smoke-free.
No one can smoke inside.
(R) The sign board shows the penalty of 500 euros at the maximum if violate. 
H
Smoking Restriction at Hotels in the World: Actual Survey
The ratio of a smoking guest room to the total hotel rooms was calculated,
based on-the-spot investigation.


(L) After finishing smoking, a young woman forgot herself in watching a cell phone at a platform of Italian railway.
(R) A barber shop which was observed in the center of Palermo. No-smoking sign plate was placed on the wall of a shop.
(右)ホーム喫煙していたが吸い終わると携帯電話の画面に夢中になる若い女性
(左)パレルモ中心街にある理髪店。気さくな店長はこころよく写真撮影に応じてくれ、さらに禁煙標識の横でタバコを吸って見せた


(L) No-smoking sign plate was pasted on the wall of the Funivia cableway station.
The warning is written in Italian, English, French and German. (R) A cableway ticket
4カ国語で記載されているタオルミーナ・ロープウエイ駅の禁煙標識

The Carabinieri police was in action in Roma. This special police is organized on a territorial basis
for law enforcement missions. It directly supervises the directors of an administration, health,
engineering, motor pool, and veterinary commission.
警察、カラビニエリ・デッラ・サルーテは市内の治安を維持するのが主要な目的だが、
禁煙法違反,喫煙行為の摘発も行っている( ローマ市街にて撮影 )


禁煙法が施行され屋内、公共空間での喫煙は全面禁止されている筈なのだが・・


2002年12月、イタリア議会で禁煙法が成立、2005年1月から実施された。レストラン・バーなど、屋内での禁煙を義務
付けている。換気設備のある喫煙室以外でタバコに火をつけた違反者には高額の罰金を課している。最高額は250ユーロ
(2006年5月現在、1ユーロは142円)で、その額は周囲に子供や妊婦がいた場合は500ユーロとなる。

しかしである。先ずローマ国際空港、フィウミチーノの地下駅にある Trenitalia (イタリア鉄道)チケットオフィスでは
係員が喫煙しながら切符を販売していた。駅のホームでは列車待ちの乗客がやはりタバコを吸っていた。毎日のように
鉄道を利用して分かったことだが、駅のホームでの喫煙は普通の行為のようだ。タバコ副流煙の有害性についてはあまり
知られていないのか、無視されているのかは分からない。筆者はシラクーザ駅の屋外ベンチで次の列車を待っていたとき、
隣に座った女性が喫煙し始め副流煙が漂って来たので席を立たざるをえなかった。シチリア(シシリア)島縦断の電車内
では向かいの席の喫煙常習者男性二人は駅に止まるたびにホームに降り、2,3分の停車時間内に片手をドア横の手すりに
つかまりながら、むさぼるようにして吸っていた。座席に戻ると「車内ではタバコが吸えないので何かしないといられない」
とグチを言い、持ち込んだパソコンのキーボードをたたいていた。夜行列車のデッキで吸っている乗客も見かけた。
シラクーザからミラノ行きの長距離列車で、車掌がいなくなるとデッキ横の窓を大きく開けてかなり長いこと喫煙していた
が、時折その煙がこちらにも漂って来た。

東京都心の道路で見かける歩行喫煙者は男性の方がはるかに多いのに比し、イタリア市街地の路上や、飲食店のテラス席で
喫煙する者は、ほとんどが中年以下の若い女性であった。しかし、子ずれの女性で喫煙している者には、ただの一度たり
とも会うことはなかった。


 
(L) An information board showing the penalty in violation of the ordinance.
(R) Shop workers are very interesting in the writer's photo action. Few people may take a picture of no-smoking sign.
(左)罰金制度を周知させるポスター   
(右)ポスターを掲示しているカターニャのバール(軽食店)。店員はポスターの写真を撮る筆者に興味深々

 Smoking kills

 Dr. Miyamoto's photogallary: Italy 2006

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

イタリアでは2005年1月から禁煙法が実施され、飲食店、ショップなどの入口や室内には禁煙標識とタバコに火をつけた
違反者には高額の罰金を課すとの表示がどこにでも見られた。2006年1月、イタリア保健省は、禁煙法施行後の一年間で50万人
以上の人がタバコをやめ、心筋梗塞が減少したと発表し、禁煙法を実施した成果を強調している。

ここで諸外国の喫煙規制の成功例を検証してみても、飲食店などの閉鎖空間内の全面禁煙は、国や地方自治体が条例で強制すべき
ことであり、自国の国民が有害なタバコ副流煙にさらされて健康障害を引き起こすことを無視、放置していることは、とりもな
おさず首長を含め、行政機関の怠慢に他ならない。

禁煙法が施行されていても、近くで喫煙する人がおり、男性よりも女性が多い。あくまでも推測の域を出ないが、知性ある男性は
健康に有害なタバコから決別しようとしているのかも知れない。先進国では警告表示を無視する喫煙者は、「判断力に欠ける人」
という目で見られることが多いのも事実だ。

なにごとにも楽天的で、フレンドリーなイタリア人である。イタリアでは列車の遅れは当たり前、座席指定の番号が欠番で実際に
存在しなかったり、新型電車内の電光掲示板の時間は1時間遅れでサマータイムには対応していない。ローマのタクシー料金の
設定はいい加減、横断歩道上の駐車も日常茶飯事など、すべてを「適当に」処理しているふしがある。かって喫煙者がわがもの
顔にタバコを吸い、飲食店内の喫煙は文化であるなどと唱えていた国情であったが、喫煙出来ない空間をはっきり規定して実際に
罰金を徴収している禁煙法の実施は画期的である。完全とは言えないにせよ、国民の健康に配慮した、この喫煙禁止条例は飲食店
などの閉鎖空間でちゃんと守られているし、正常に機能しているのもイタリアの社会だ。

2006年5月に公表された EU Observer の世論調査によると、イタリアでは国民の90%がレストランにおける喫煙禁止に、88%
がバーにおける喫煙禁止に,賛成している。

  Italia Rail: Trenitalia/Rome to Palermo
イタリア鉄道旅行記

イタリア喫煙規制情報
「禁煙席ネット」 主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯

『禁煙席ネット』 サイトへのリンクは自由
The photographs were taken in April, and the article was written in May 2006,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.


Smoking Ban in European Countries

 Italy  Malta   Ireland    North Ireland   UK   Germany   Switzerland 
 France   Holland  Portugal   Spain   Norway  Sweden  Denmark  
 Iceland   Finland




Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  コロナウィルスとの戦い


www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn