english index tobacco control English Index



A fast-growing nation, China
急成長してきた中国



Skylines of Shaghai and Nanjing
Orthographic map of China: Source: Wikipedia
Dark green: Official territory
Light green: The claimed territories, including Taiwan 


(L) Major economies by nominal GDP (2017)
(M) A 2009 population density map of the People's Republic of China and Taiwan. The eastern coastal provinces are much more densely populated than the western interior.
(R) Huawei headquarters in Shenzhen. Huawei is the world's largest telecom-equipment-maker and the second-largest manufacturer of smart-phones in the world.


中華人民共和国の首都は北京市で、中国の総人口は13億9千万人以上であり、世界一人口が多い国となっている。
2015年に行った第18期5中全会(2015年11月)で、一人っ子政策を廃止したが、2019年度中国の人口はピークを
迎え14億に達する見込みである。(注)人口抑制政策を持たないインドの人口は13億4千人に近づいている。
人口蜜集地帯は国土の東南部に位置し、都市人口は上海、北京、広州の順に大きい。

中国共産党が国家を指導する社会主義国家である。1978年より始まるとう しょうへい時代以降の中華人民共和国は、
とう しょうへい理論に基づいて政治体制は中国共産党による一党体制を堅持しつつも、市場経済導入などの改革開放
政策をとり、中華人民共和国の近代化を進めた 1980年代以来の経済の改革開放の進展により、「世界の工場」と
呼ばれるほど経済が急成長した。一方、急激な経済成長とともに貧富差の拡大や環境破壊が問題となっている。
安い人件費と膨大な人口を背景にした潜在消費需要を当て込んだ外資が中国に投入されたため、その発展ぶりには
目を見張るものがある。

中国のGDPは米国に次いで第二位である。電子機器産業の占める割合は大きくなっているが、今や日本の座を大きく
引き離している。中国の高速鉄道を利用してみると、その沿線に広がる高層建築群に圧倒される。高速鉄道網は2009年に
日本を追い越し、2018年末現在の路線長は2万9000kmに達している。しかし、経営基盤は脆弱で、北京上海間などの
ドル箱高速鉄道路線を除いて大幅な赤字経営に陥っている。上海、北京、南京など都市圏の地下鉄も急速に路線を
拡大しており、その拡張速度には目を見張る。だが、だが、東京の地下鉄などと比べ、ホームへの下りエスカレーターは
ほとんどなく、エレベータは皆無に近い。スーツケースを抱えた旅行者や、歩行の不自由な高齢者にとっては
使い勝手が非常に悪い。車内の電光掲示板も初期段階の域を脱していない。しかも中国語以外の表示はほとんどない。

近年の製造業への逆風も無視できない。人件費の高騰などの理由により生産拠点はタイ、ベトナム、ミャンマーなどに
移転しつつあり、ファーウェイを含め、米国からの強い圧力もあり、中国経済の減速感が現実味を帯びてきている。


(L) A police car in Wangfujing street in Beijing (M) Ambulance car in the Imerial Palace of Beijing (R) Beijing Capital Airport Immigration inspection desk


共産党一党独裁下の中国では言論統制が厳しいと伝えられている。しかし、繁華街には「公安」の車両が見られるものの、
旅行者にとっては一見、普通の国と大きな差異は認められない。

興味深い事実は、予め別料金を払い手配しておくことにより空港の入国管理バリアーでも極めて短時間に通過できること
であろう。空港のボーディング・ブリッジまで迎えに来てくれた若い女性女性に、一般客が長い列を並んで多大の時間を
費やしている傍らで、「特別通道」,「Special lane」と表示されたデスクに誘導され効率よく指紋採取と写真撮影が行われた。
入国審査、税関を通り荷物を受け取った後には、「 baggage claim」行きのエアポートトレインに乗り、誰もいない
プライベートの空港の廊下を通り、一般客とは全く別の車寄せまで、私どもの手荷物を予約していたハイヤーまで運び
届けてくれた。

北京の故宮でも一般客とは違う入口から優先的に入場できたが、こうした特典はロシアのクレムリン、博物館の場合でも
全く同じだった。欧米では、このような一般客から乖離し超越したサービスは、あまり聞かないが、中国、ロシア以外の
国でも類似したものがあるのだろうか。
(注)「とうしょうへい」の漢字がネット上で正確に表示されないので「ひらがな」表記とした。


China in 2019
Arrival to Beijing Airport High-grade Hotels in Beijing Great Wall in China Forbidden City in Beijing
Jingshan Park and Temple of Heaven, Beijing Summer Palace in Beijing Beijing Restaurants
High-speed train in China Hotels in Nanjing and Shanghai Metro in Nanjing and Shanghai
Cities of Nanjing and Shanghai A fast-growing nation, China Smoking ban in China in 2019
Departure from Shanghai Airport

Shanghai in 2013
Shanghai's Smoking Ban Smoking Ban in Restaurant looks hazy Smoking Ban in Restaurant appeared to fail.
Suzhou 2013 Shanghai 2013 Shanghai Hotels Shanghai Railways Shanghai Life Smoking in Shanghai in 2013


新興大国中国
「禁煙席ネット」主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written and photograph was taken in May 2019, except two,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Smoking ban in China 2019



Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
 Domestic travel in Japan
 Smoke-free should be the minimum standard for the host city in the Olympic.
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.


www. smokefree.jpn.com

COPYRIGHT(C)2006-2019 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter
Smoke-free rental condominium in Tokyo (PR)
Junhaku Miyamoto: profile



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban