公共空間 受動喫煙防止法を制定せよ


 

2008年12月10日付朝日新聞・私の視点掲載記事

 


論説全文

公共空間の禁煙が世界の流れになって久しい。日本でも健康増進法で受動喫煙防止への
「努力義務」が求められているが、対策は諸外国に比べ大きく遅れている。日本禁煙学会は
国際的に比較し、日本を「先進国中で最低レベル」と判定した。

そのなか、神奈川県が「受動喫煙防止条例」の制定を目指している。音頭を取る松沢知事
には敬意を表したい。だが、県内の飲食店から「他都県に客を取られる」など強い反対が
出たため、県は妥協案として「完全分煙」を打ち出した。これは一見合理的に見えるが、
健康面を考えると、受け入れてはいけない方策だ。

たとえ完全に区切ったとしても、従業員は喫煙エリアでも接客をしなければならない。条例で
「分煙」をうたうことは、健康にとって不適な環境で労働することを法的に裏書きすることと
同じだ。また、分煙店と禁煙店が同地区に存在する場合、客の流れが分煙店に集中する
かもしれず、禁煙店の経営が困難になることも予想されよう。

分煙策を取らず完全禁煙とした英国、アイルランド、イタリアなどでは、実施後に心筋梗塞
などの心臓発作が著しく減少した。英国・スコットランドの医療当局は「喫煙者だけではなく、
受動喫煙を強いられた人の健康状態が改善された」と法的規制の効果を広報している。
結果は明白だ。

だが、飲食店など公共空間の喫煙対策は、個々の自治体だけでは限界がある。全国共通の条件
で規制すべきであり、国は健康増進法で求めている自主努力の成果を期待するだけでなく、
すみやかに「受動喫煙防止法」を制定すべきだ。

日本では、なぜか屋外における喫煙規制はとても熱心だ。東京都千代田区の路上喫煙禁止
条例は、世界でもっとも厳しい部類に入る。だがレストランや居酒屋、バーなどの
喫煙規制の議論は、神奈川県を除くと極めて少ない。屋外規制と屋内規制が逆転した、
世界でも珍しい国となっている。

健康増進法は自主的な禁煙設定だけで、罰則をともなっていない。諸外国を見ると、公的空間で
喫煙すると罰金が科せられている。日本もそうした罰則規定も盛り込むべきだ。

厚生労働省はなぜか消極的だし(財務省に遠慮しているのだろうか)、さらに象徴的なのは
政府、自民党の会議室だ。そこには多くの灰皿が置かれ、日々、たばこに無頓着な政治の映像が、
メディアを通じて世界中に流れている。

世界保健機関(WHO)総会で決まった「閉鎖空間内での喫煙禁止」の施行期限は2010年2月に
迫っている。法制化は急務だ。

著作権は宮本順伯および朝日新聞社に帰属、記事、写真の無断転載禁止


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Total Smoking Ban in USA and Canada

smorking ban bc canada BC, Canada
smorking ban alberta canada Alberta
smorking ban Saskatchewan Saskatchewan
smorking ban manitoba canada Manitoba
smorking ban ontario canada Ontario
smorking ban quebec canada Quebec
smorking ban new Brunswick New Brunswick
smorking ban nova scotia Nova Scotia

smorking ban New Jersey  New Jersey
smorking ban Illinois USA Illinois
smorking ban California USA California
smorking ban Beverly Hills California Beverly Hills, California 
smorking ban condominium Condominium of California
smorking ban Washington state State of Washington
smorking ban Oregon USA Oregon  
smorking ban Montana USA Montana
smorking ban Colorado USA Colorado
smorking ban Arizona USA Arizona 
smorking ban Maine USA Maine
smorking ban Vermont USA Vermont 
smorking ban Massachusetts Massachusetts state.
smorking ban New York New York 
smorking ban Maryland USA Maryland 
smorking ban Washington DC Washington,D.C.
smorking ban Virginia USA Virginia
smorking ban Minnesota USA Minnesota 
smorking ban Delaware USA Delaware 
smorking ban Ohio USA Ohio 
smorking ban Iowa USA Iowa 
smorking ban Utah USA Utah 
smorking ban Rhode Island Rhode Island 
smorking ban Nevada USA Nevada 
smorking ban Michigan USA Michigan 
smorking ban Wisconsin USA Wisconsin

 元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


公共空間 受動喫煙防止法を制定せよ
執筆「一匹狼の国」著者 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport smoking ban
Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn Twitter@criticismjpn