世界を襲うコロナウィルス


Brazil 
ブラジル Brazil


ボルソナロ大統領のコロナウィルス感染軽視、経済優先政策の結果、4,300人の死者を出している

(L) 墓地の需要が急増 (R) ブラジルの感染者は4月下旬に23万人,5月下旬には36万人を超える

(L) 科学が無視されており医師がその代償を払わせられる (M) 「健康被害よりも経済活動停止の方がダメージは大きい」とするブラジル大統領は(富裕層、経済界から圧倒的支持
(R) ブラジルでのコロナウィルの感染者数は45,000人以上、死者は約3,000人

(L) 感染者数は富裕層が多く住む海岸地区より拡大
(M) イタリア旅行帰りの雇用主がコロナウィルスに感染したことを隠していたため、その家のメイドが感染し死亡
(R) ブラジルではコロナウィルス感染症は旅行頻度の高い金持ちがかかる病気との意識がある 

死者の多くは貧困地区、ファベーラで発生

先住民族は外界からの情報から遮断された生活をしている

森林火災などで自給できる食料が減少

ボルソナロ大統領は経済活動再開に慎重な知事らと対立

国内では生活を続けるため規制に従わない店も

新型コロナウイルスが、ブラジルのアマゾン熱帯雨林地帯に暮らす約43万人の先住民族の存続を脅かしている。
文明社会と一定の距離を置く先住民集落では、過去には外部から持ち込まれた疫病で多くの死者を出しており、
新型コロナによる死亡者の続出に戦々恐々としている。先住民は感染症への免疫力が低いため、非常に危険な状況だ。
密林奥深くに分け入るガリンペイロ(違法金採掘人)の存在があり、違法森林伐採人ら「無法者」は、右派
ボルソナロ政権による「先住民軽視」の政策に加え、新型ウイルスまん延後に公的機関の監視態勢が弱まったので、
奥地への不法侵入を活発化させている。彼らとの接触や、ウイルスが付着した物を触ることで先住民に感染が広がる。

 

ブラジルでは感染者数は右肩上がりで、今51万人を超え、死者は3万人に迫る。命を落とす人が多いなか、急遽
設置された墓地に、およそ8,000体の墓穴が並んでおる。一日に埋葬される遺体は200体に及び、2週間後には
一杯になる。十分なコロナビールス対策がとられないなか、一部地域では経済活動が再開されている。サンパウロ
のドリア知事は「ファベーラで水や食料が不足しているという話はデマ」と語るが、狭い貧困地域には10万人の
人が密集しており、確認されているだけでも、500人が感染、20人以上が死亡している。

 
 


(L) 一日10,000食の弁当を配る (R) 取材はNHKサンパウロ支局長の小宮知可

最近、貧困地区2,500人を対象とした無調のCRP検査で陽性者が30%を超感染状況が深刻なことが明らかになった


ファベーラでは、コンクリートやレンガで造られた家や廃材で作られた家が無断で建てられていることが多く、
衛生状態、下水処理も悪く、電気は付近の電線から勝手に電線を引いているとされている貧困地区である。
NHK小宮知可サンパウロ支局長が取材しているが、政府が当てにならないため、ファベーラ地区内で助け合い
の輪が広がっている。ボランティア団体は企業から数千万円相当の寄付を集めてコロナ対策チームを結成、
救急車を借り受け、医師を雇い、24時間体制の救急医療施設を設置し、毎日のように一軒一軒回って日に
10,000食もの弁当を配っている。

ファベーラ (Wikipedia )




6月22日現在、ブラジルでの感染者数は1,085,000人と増え続けている。死者数は50,000人を大きく超えている。
感染爆発に歯止めがかからない。


(L) コロナウィルス感染者数は世界第2位 (M) サンパウロ市の満員電車  (R)レストラン・バーなどはほぼ通常営業に

(M) 休日のリオデジャネイロ、入場が禁止されているビーチに多くの人が 
(R) 飲食店の営業は午後11時になっても人だかり、警察官の呼びかけにも応ずる気配はない「家に帰りたくない」


一時は自ら新型コロナウイルスに感染したボルソナロ大統領は7月26日に陰性が確認されると早速、経済の再開を加速させる方針を
明らかにした。集中治療室や呼吸器の不足による死亡者はいないと自らの功績を強調、力を入れているのは感染者専用の病院を次々に
建設、ブラジルの国技であるサッカースタジアムにも建設、20以上の軽症者用病院と2倍以上のICU施設を設けた。政府は医師や
看護師の転職復帰に資金を提供、医師の一部の仕事を看護師や技術者にも割り振り医師の過度の負担を軽減した。重症者は設備の整った
経験者の多い大病院に入院させ、軽症者には経験の浅い新人や若手の医師を配置した。
質、量ともに充実してきたブラジルの医療体制だが、建設費用を感染者の多い現状とワクチン開発の協力とのセットとし、ワクチン完成
の際にはブラジルに供給されるように約束をとるなど抜け目ない。レストラン、バーは3月から3ヵ月以上営業を禁止していたが、休業
補償など一切ないため、1,000万人以上の失業者が出ている。7月2日、感染予防対策をとりながらこれらの飲食店は再開している。






ペルー

南米ではペルーの感染者数が22万人を超え、イタリアに次ぎ世界で8番目の水準となった。ブラジルに加え、チリでも感染者数の
拡大が目立つ。


何米各国で電波塔がコロナウィルスに感染源とのフェイクニュースが拡散

不安と疑心暗鬼が高まりフェイクニュースにより混乱が深まる


中南米
は、コロナの新たな感染の中心地になりつつある。この地域が世界の人口に占める割合は8%だが、過去2週間の死者数は
7万人を超え、世界の47%を占めている。コロナは経済への悪影響も大きく、コロナ感染が広がる中、中南米の多くの国で貧困層
が急激に拡大している。





チャートで見る世界の感染状況

https://twitter.com/criticismjpn

筆者:Junhaku Miyamoto, M.D.,PhD.
画像引用元:NHK、日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、CNNなど
日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、NHKニュース、東京都の報道内容を基に、画像、記事を編集記述している

ウイルス(virus)は、他生物の細胞を利用して自己を複製させる、極微小な感染性の構造体で、
タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。1970年代までは日本医学会がドイツ
語発音に由来する「ビールス」を用いて1970年代頃は呼称が学校や一般で使用されていた。
筆者自身も大学でそう教えられていた。現在は宿主に関わらず「ウイルス」が正式名称である。

War against coronavirus in Southern Hemisphere
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written in March 2020, by Junhaku Miyamoto, M.D., Ph.D.
コロナウィルスとの戦い 最終更新日 2020.6.27

元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


世界全般   世界経済  英国   EU諸国  ロシア 米国  ニュージランド  ブラジル
アジア諸国  台湾  中国  日本 パート 1  日本 パート 2   日本 パート 3

マスク着用賛否、有用性、拒否反応

Comment in English by News Media War against coronavirus World War against coronavirus UK War against coronavirus EU
War against coronavirus Russia War against coronavirus US War against coronavirus Asia  mask
War against coronavirus Brazil   War against coronavirus New Zealand  War against coronavirus Taiwan War against coronavirus China
War against coronavirus Economy War against coronavirus Japan Part 1 War against coronavirus Japan Part 2
 
War against coronavirus Japan Part 3


コロナウィルス 感染症 感染拡大防止 社会 政府 緊急事態宣言 病院 医療崩壊 緊急事態 ロックダウン 都市封鎖 東京都 小池知事 高齢者 死亡者 
外出自粛  自主規制 CRP検査 米国 英国 イタリア フランス ドイツ 中国 シンガポール  ブラジル ロシア イラン インド メキシコ 国内 海外



Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  コロナウィルスとの戦い

www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn