世界を襲うコロナウィルス


New Zealand smoking ban ニュージランド New Zealand



(L) 3月25日に国家非常事態を宣言し、警戒を最高のレベル4に引き上げ、ロックダウンを実施。4月27日に解除すると発表
(R) 国民と共に歩む姿勢を前面に

(L) 早い段階から強い姿勢で封じ込め政策を実行 (R) 大規模な式典を禁止

(L) 観光産業が大きな比率を占めるにも拘らず外国人の入国を禁止
(R) 3月25日には国家非常事態宣言を発動
 
(L) 外国人の入国禁止を発表 (R) 「自宅にいることで感染連鎖が断ち切られます」「一緒に乗り切ろう」と連帯感を強調

(L) 外出制限も喜び (M)自身や閣僚の給与の20%減を打ち出す (R) 我々は勝利したが油断してはならない

 成 功した背景には何が

3月25日に国家非常事態宣言を発してから約1ヵ月、4月27日にこれを解除すると発表。しかし、レストランは
持ち帰りのみOK。解除後も出来るだけ自宅待機を奨励、2週間後にさらに緩和するとの声明、最後の一人の
感染者を確認する必要があると述べた。直近の新規感染者は1名のみ。抑え込みに成功したキーポイントは
規制を早い段階から実施したことに尽きる。手っ取り早く対応し、規制を実施したこと。そうした政府の姿勢を
国民が支持したこと、素早い対応の、親しみあるアーダーン首相の「国民とともに乗り越えていこう」との
メッセージが伝わり、人々の間にには協力して乗り越えようとする気持ちが広がった。

先を見越して即座に決断できない安倍首相、緊張感をもって対応しない加藤厚労相と西村経済再生相、それに
能力があるのかどうかも疑われる政府全閣僚と、「自分だけは良いだろう」と、遠出したり、公園で蜜集したり、
密閉した室内で多人数で時間を潰すなど、国全体のことを考えない一部の日本国民。それと極めて対照的な
人々がニュージランドの島々で生活している。


政府への信頼度は88%、世界ランキングではUAEと共に高い

 ニュージーランドは6月9日、新型ウイルス関連の国内の行動制限をすべて解除

 アーダーン首相は「少し踊ってしまった」

ニュージーランドは、新型ウイルス関連の国内の行動制限をすべて解除した。政府は6月8日に、新型コロナウイルスの
感染者が国内でいなくなったとして、解除を発表した。ニュージーランドは、4段階に分けていた警戒水準のうち、
最も緩やかな「レベル1」に移行した。ただし、国境の閉鎖は続く。「前より安全で確かな状態にいるものの、まだ
COVID-19以前の生活に簡単に戻れるわけではない。今後は経済再建に同じように取り組む」「ありがとう」

New Zealand in 2006 ニュージーランド旅行記




Australia smoking ban オーストラリア Australia

オーストラリアの感染者数は累計7,700人、死者数は100人と多くはない。ただビクトリア州では6月28日の新たに49人の
感染者が確認され、旅行者には検疫と14日間の隔離処置がとられる。

新型コロナウイルス感染者が13日連続で二桁台で増える広がる南東部ビクトリア州は、隣接するニューサウスウェールズ州との
境界を7月7日から閉鎖するとアンドリュース州首相が6日に発表した。両州は国内で最も人口密度が高く、ビクトリア州の
人口は660万人。地元メディアによると、州境沿いには軍要員と警察官が配置される。州境を越えるには55のルートがあり、
4つの幹線道路や33の橋、2つの水路などが含まれる。通勤などで越境する必要がある人には許可の申請が認められる。
ニューサウスウェールズ州当局はビクトリア州を訪れた住民が戻る際に14日間の自主隔離を義務付け、違反者には罰金を科す。




オーストラリアで2番目に人口の多いビクトリア州は7月21日、新たに363人が新型コロナウイルスに感染していることが
確認され、感染による新たな死者は3人だったと発表した。前日の新規感染者は275人だった。州首相によると新たな
死者はいずれも80代以上の高齢者。同州でこれまでに確認された新型コロナ感染者は6,300人弱で、オーストラリア全体の
約半数ビクトリア州は、州都メルボルンで7月9日から6週間のロックダウン(都市封鎖)を実施中。メルボルンの住民には
外出時のマスク着用を義務付け、違反者には罰金(オーストラリア200ドル、約15,000円)を科すとしている。

Australia in 2011 オーストラリア旅行記



チャートで見る世界の感染状況

https://twitter.com/criticismjpn

筆者:Junhaku Miyamoto, M.D.,PhD.
画像引用元:NHK、日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、CNNなど
日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、NHKニュース、東京都の報道内容を基に、画像、記事を編集記述している

ウイルス(virus)は、他生物の細胞を利用して自己を複製させる、極微小な感染性の構造体で、
タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。1970年代までは日本医学会がドイツ
語発音に由来する「ビールス」を用いて1970年代頃は呼称が学校や一般で使用されていた。
筆者自身も大学でそう教えられていた。現在は宿主に関わらず「ウイルス」が正式名称である。

War against coronavirus in Southern Hemisphere
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written in March 2020, by Junhaku Miyamoto, M.D., Ph.D.
コロナウィルスとの戦い 最終更新日 2020.7.07

元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


世界全般   世界経済  英国   EU諸国  ロシア 米国  ニュージランド  ブラジル
アジア諸国  台湾  中国  日本 パート 1  日本 パート 2   日本 パート 3

マスク着用賛否、有用性、拒否反応

Comment in English by News Media War against coronavirus World War against coronavirus UK War against coronavirus EU
War against coronavirus Russia War against coronavirus US War against coronavirus Asia  mask
War against coronavirus Brazil   War against coronavirus New Zealand  War against coronavirus Taiwan War against coronavirus China
War against coronavirus Economy War against coronavirus Japan Part 1 War against coronavirus Japan Part 2
 
War against coronavirus Japan Part 3


コロナウィルス 感染症 感染拡大防止 社会 政府 緊急事態宣言 病院 医療崩壊 緊急事態 ロックダウン 都市封鎖 東京都 小池知事 高齢者 死亡者 
外出自粛  自主規制 CRP検査 米国 英国 イタリア フランス ドイツ 中国 シンガポール  NZ  EU ブラジル ロシア イラン インド 韓国 メキシコ 
WHO マスク着用



Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  コロナウィルスとの戦い

www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn