世界を襲うコロナウィルス 9


コロナウィルス感染症 アジア諸国での対応:人類を襲う新型ウィルス



Thailand タイ国でのコロナウィルス対応 Thailand


タイ王国で新たな感染者は4月になって減少に転じ店舗は強制的に閉鎖された
午後10時以降の外出、アルコールにを販売禁止
企業については職場閉鎖までは求めず在宅勤務を奨励している。

タイ王国では非常事態宣言を5月末まで延長するも、飲食店では客席の間隔を1.5m以上としグループでの利用を禁止した

(L) タイでは違反者には禁固刑、罰金を科す夜間外出禁止令を発動 (R) タイ王国では昔ながらの移動式店舗が活躍

夜間外出禁止令解除後も客足が戻っていない

Thailand in 2009 タイ王国旅行記


India 2010 インド全土で世界最大のロックダウン India

 
3月25日にインド全土で外出禁止令、公共交通機関や企業活動も全面禁止

(L) 外出制限を延長、流通が止まり都市への輸送が滞りトマトやブドウを廃棄処分に (M) 外出禁止、企業活動停止してから1ヵ月、大気汚染は70%減少
(R) 感染者は封鎖開始後に30倍、感染者数は118,000人に

医療従事者への暴力を抑えるため加害者には罰金または懲役刑 (M) 貧困層への食料支援は困難(R) 感染対策と経済支援を論議

(L) インドではソーシャル・ヂィスタンスを保つのは困難 (M) 大都市、ムンバイを中心に感染が広がる (R) 失業した労働者たちが地元に戻り感染を拡大 

鉄道駅に集まる故郷に帰る希望者は二日間も待ち続ける

インドでは都市封鎖が続いており公共交通機関が止まっているため故郷まで数百キロも歩き落命する人も


インドではコロナウィルス感染拡大しており終息の気配は見られないが経済への影響を考え、3月下旬から実施されている
外出制限の緩和に踏み切らざる実情がある。しかし、営業を再開した酒屋に人々が殺到したため密集を避けるため地元
政府はアルコール飲料に70%の税金を加算した。感染が特に顕著なのはムンバイとその周辺で医療現場に過度の負担が
かかっている。死者が同じ部屋に放置されていることも報告されている。さらに懸念されるのは都市部から農村部への
感染拡大である。外出制限で店が立ち行かなくなり失業した大量の出稼ぎ労働者が鉄道やバスで地元に戻り、感染を
拡大している。今年は農作物は豊作と言われるが、外出制限、道路閉鎖の影響でトマトやブドウを出荷できず廃棄している。
5月23日現在のインド国内の感染者数は11,8000人、死者は3,500人を超える。

感染者が、少なくとも、10,000人を超えたインドではモディ首相が「経済的に
大きな代償を払っているが、インド国民の命とは比べられない」として、規制を5月3日まで延長した。




インド内務省は5月30日、封じ込めゾーンにおけるロックダウンの延長と、それ以外の地域においての段階的ロックダウンを
解除する。最初に解除されるのは、6月8日に宗教施設や祈祷所、ホテル、レストラン、ショッピングモールである。しかし、
インド国内の感染者は44万人を超え、感染者数では世界第4位になっている。これに対応する医療施設は脆弱で、80,000床の
ベットが必要となる。首都、ニューデリーの感染者は一日、3,000人を超えており、結婚式場、宴会場に簡易ベットを置いて
凌いでいる。さらなる感染増大に対し、古い鉄道車両をコロナウィルス用のベットに転用、8,000床を確保する。



火葬場が一杯で、薪で死者を火葬している

結婚式場、宴会場を隔離施設に

古い鉄道車両を「Covid Care Centre」に転用

制限緩和後もコロナウィルス感染者は急増

100年に1度の国難

アゴラでクラスター発生、感染拡大を受けてタージマハル再開を延期

2020年7月18日現在、インドに於ける新規感染者数は1,000,000人を超え、死者の数は25,000人を上回っている。感染拡大の傾向を
強めている。


India in 2010 インド旅行記


パキスタンで医療崩壊の危機 Pakistan


(L) パキスタンでは医師の数が少なく医療崩壊の懸念が強い
(R) バングラデシュで葬儀に10万人の人が一堂に



Singapore シンガポール Singapore


(L) 3月以降、シンガポールでは外国人の入国禁止措置など感染者数の抑え込みを図る (R) 今まで禁止されていなかったバーやパブも営業禁止

(L) シンガポールは4月7日以企業オフィスや学校を閉鎖、外出を制限している (R) 違反者には」22,000円余りの罰金

(L) 政府の緩い規制方針が裏目に (R) レストランなどでの集団感染、海外からの帰国者によって感染者が増えた

(L) 外国人を含めたコミュニケーション 感染者は4月に入って急速に増大 (R) 外国人労働者は100万人で人口の20%を占める

インド、バングラデシュなどから流入した労働者は10人で一部屋を使用、トイレ、シャワーは共同なので感染拡大は一気に進む

シンガポールでのコロナウィルス感染者の90%は外国人労働者で劣悪な環境で生活している

(L) 仕事がないと帰国せねばならない (R) 苦境のなか無料の食事提供を受けている

Singapore in 2008 ( 1990 ) シンガポール旅行記


 
インドネシアで移動制限 Indonesia


インドネシアではコロナウィルスによる感染拡大を防止するため帰省、外出制限を強化、罰金制度を導入



東南アジアで新型コロナウイルスの感染状況が最も深刻なインドネシアでは、感染が確認された人が10万人を超えた。
インドネシア政府は経済活動の再開を優先させていて、感染の拡大に歯止めがかからなくなることに懸念が広がっている。
7月27日まに新たに1525人の感染が確認され、感染者はこれまでに10万人を超えた。死亡者は4,800 人以上で
東南アジアで最も多い。政府は経済活動の再開を優先させたい考えがあるが、専門家からは状況は深刻だという指摘も
相次いでいている。

 ベトナム Vietnam


(L) Blackbox Research 調査結果 (R) Fai-Fo, the World Heritage Site ( Picture source: Wikipedia )


3月の末に「今日の0時からロックダウン、明日からすべてのお店を閉めてください」と、準備する間もなくいきなり
ロックダウンに突入したベトナム。その判断力の速さが感染の拡大を阻止し国民の命を救った。そのスピーディーで
しかも強硬な政策が功を奏して、感染者は5月7日時点で288人、回復者数 255 人、死者数 ゼロと最小限に抑えられた。
イギリスの調査会社「YouGov」によれば、ベトナム国民の93%が、「Blackbox Reaserch」では77%が
政府の対応に満足していると答えており、世界で最も新型コロナ対策の満足度が高い国とされている。



ベトナムで7月15日に3か月ぶりに観光地、ダナンで45人の感染者が確認された。26日、政府はダナンに滞在している観光客、
8万人を避難させるとしたがダナン空港は避難しようとした人であふれかえった。ベトナムはこれまで最も厳格な対策を
実施して来ており、今までに431人の感染者を出しただけであるが警戒を強めている。

UAE


(L) アラブ首長国連邦地図 (R) 困窮外国人労働者に食事配給


UAEのスピード感を持った対策には目を見張るものがある。UAEは短期間で大規模検査の実施体制を整え、重症者や
死者数を減らそうとした。感染者を早期に発見し、症状のレベル別に治療場所を適切に振り分け、重症化する人の数を
最低限にする。そのために、大規模検査が有効だと考えたUAEの政府指導部は、
感染者早期発見のために出来るだけ
多く検査をするよう関連部署に指示した
。この方針のもと、指示を受けた関係各所は急ピッチで検査体制を整え、
国内で1日数千から数万件の検査を実施するようになった。大規模なPCR検査研究所だ。設立まで14日間。まさに
「一夜城」である。一日数万件の検査を可能にするこの規模の研究所は、中国以外ではここだけの模様。

Korea 韓国 Korea

制限緩和後 複数のナイトクラブで新型コロナに集団感染



韓国政府は、ソウルのナイトクラブを訪れた54人が集団感染したと発表した。ナイトクラブなど遊興施設の営業に
ついては制限を緩和したばかりで、韓国政府は引き続き対策を徹底するよう呼びかけている。韓国政府は、ナイトクラブ
など遊興施設には営業の休止を求めていたが、新たに確認される新型コロナウイルスの感染者が減少傾向になったため
4月20日から制限を緩和し、営業する場合は店内の換気や消毒など対策を徹底するよう求めていた。しかし、連休期間
にあたる5月2日未明にソウル市内の繁華街、イテウォン(梨泰院)にある複数のナイトクラブを訪れた54人
(後に119人に拡大)が集団感染したと発表した。 感染が始めに確認された20代の男性は、ナイトクラブを訪れていて、
この男性などから次々に感染したとみられる。ナイトクラブには 1,500人以上の客が訪れていて、連絡も取れず、
韓国メディアは感染者がさらに増える恐れがあると伝えている。


5月28日、韓国では新規感染者数が物流センターでの集団感染者を含めて79人増え、累計感染者数が11, 344人になったと
発表した。感染防止ルールが守られていなかったという。70人台を記録したのは、4月5日(81人)以来、53日ぶりである。


ソウル近郊で訪問販売業者からコロナウィルス感染が拡大


Korea in 2012
韓国旅行記



チャートで見る世界の感染状況

https://twitter.com/criticismjpn
日本人は欧米人と比べて新型コロナウイルス感染者と死者が少ないのか?
 しかし、東アジア諸国内では死亡率は高い


筆者:Junhaku Miyamoto, M.D.,PhD.
画像引用元:NHK、日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、CNNな
日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、NHKニュース、東京都の報道内容を基に、画像、記事を編集記述している


ウイルス(virus)は、他生物の細胞を利用して自己を複製させる、極微小な感染性の構造体で、
タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。1970年代までは日本医学会がドイツ
語発音に由来する「ビールス」を用いて1970年代頃は呼称が学校や一般で使用されていた。
筆者自身も大学でそう教えられていた。現在は宿主に関わらず「ウイルス」が正式名称である。

War against coronavirus in Asia
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written in March 2020, by Junhaku Miyamoto, M.D., Ph.D.
コロナウィルスとの戦い 最終更新日 2020.7.18

元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


世界全般   世界経済  英国   EU諸国  ロシア 米国  ニュージランド  ブラジル
アジア諸国  台湾  中国  日本 パート 1  日本 パート 2   日本 パート 3

マスク着用賛否、有用性、拒否反応

Comment in English by News Media War against coronavirus World War against coronavirus UK War against coronavirus EU
War against coronavirus Russia War against coronavirus US War against coronavirus Asia  mask
War against coronavirus Brazil   War against coronavirus New Zealand  War against coronavirus Taiwan War against coronavirus China
War against coronavirus Economy War against coronavirus Japan Part 1 War against coronavirus Japan Part 2
 
War against coronavirus Japan Part 3


コロナウィルス 感染症 感染拡大防止 社会 政府 緊急事態宣言 病院 医療崩壊 緊急事態 ロックダウン 都市封鎖 東京都 小池知事 高齢者 死亡者 
外出自粛  自主規制 CRP検査 米国 英国 イタリア フランス ドイツ 中国 シンガポール  ブラジル ロシア イラン インド メキシコ 国内 海外



Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  コロナウィルスとの戦い

www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn