世界を襲うコロナウィルス


 コロナウィルス感染症に対する予防処置「マスク」


Spain ビーチにはマスクを着けていない若者が集まっている「高齢者や感染しやすい人は別ですが、そうでなければ必要ない」
バレンシア州では若者にマスク着用を呼び掛けるキャンペーンを行っている

スペインでは マスクの装着方法まで指導する女性警察官


 フランスカンヌではマスク無しにお祭り騒ぎ、周りには若者しかいないから大丈夫、怖くないとうそぶく参加者

バスや地下鉄内でのマスク着用をカメラで監視

駅や電車内ではマスクの着用を義務化し、一人当たり2枚を無償配布


新型コロナウイルスの空気伝染の可能性

WHOはもう何カ月もの間、新型コロナウイルスの伝染は、人がくしゃみやせきをした時に飛散する飛沫を経由すると主張してきた。
飛沫は空中を漂うことなく、表面に落下する。だからこそ、手を洗うことが何より大事な予防方法だと言われてきたのだ。しかし、
32カ国の科学者239人はこれに賛成しない。新型ウイルスは飛沫よりはるかに小さい粒子に含まれ、人が会話をしたり息を吐いたり
した何時間も後まで空中を浮遊し、広がる可能性を強力に示すエビデンスが得られている。WHOは7月に入って密閉空間や混雑した
場所では可能だと示唆するエビデンスがあると、やっと認めるに至った。しかし、WHOはこのエビデンスは徹底的に精査する必要が
あるとしている。もし確認されれば、感染予防ガイダンスの修正が必要になるかもしれない。これまでよりも様々な場面でマスクの
着用が求められる。とりわけバーやレストランや公共交通機関などで今まで以上に厳密に人と人の距離を開けることが求められる。


United States smoking ban




コロナウイルスはエアロゾル粒子と同じような動きをしていると推定されている。感染者が息を吸うと、その中にウイルスも
一緒に漂う。空気の循環のない閉鎖空間では人が去った後でもエアロゾルによってウイルスが十分な量を持っていれば、
感染する可能性がある。また極めて小さい粒子は屋内の循環システムの空気に入り込み拡散することもある。
R. Fauciは感染の拡大する地域ではマスクの着用を義務化すべきであり、十分な手洗いも重要と述べている。
広い空間で換気が十分になされていれば危険性は低いが、小さなオフィスに感染者と一緒にいるだけで危険性は高まる。
二酸化炭素値の高い場合は呼気が沢山放出されていることを意味する。感染者がいれば当然、そこにはリスクがある。
リスクを避けるためには新鮮な空気を取り入れるか、その空間に滞在する時間を最小限とする。こまめに窓を大きく
開放することによって、こうした危険性を避ける。



WHO、マスク着用の指針を変更

WHOは以前、健康な人がマスクを着用すべきだと判断するには十分な証拠はないと主張していた。しかし、6月5日、新型コロナウイルス
をめぐるマスク着用の指針を変更し、公共の場での着用を推奨すると発表した。マスクで「感染力があるかもしれない飛沫を遮断」できる
と示す研究結果を踏まえた対応だとしている。WHOの疫学者でCOVID-19(新型ウイルスの感染症)対応を率いるマリア・ファン・
ケルクホーフェ博士は述べた。WHOはまた、マスクは感染リスクを減らす道具のひとつにすぎず、 十分な手洗いを含め、2メートルの
ソシアルディスタンスの確保などの対策が必要である。

 マスクの着用義務化と自国生産加速


(L) フランスでは起動販売機でマスクを販売、薬局でも販売する 
(R) 医療用のマスクを生産していた工場は2008年に閉鎖、チュニジアに移転したが、政府の支援があれば年間2億枚以上のマスクを生産する




 (L) ドイツでも電車、バス、店内でマスク着用を義務化 (R) 罰金は州により異なる(10ユーロから150ユーロ)

(L) 自分だけではなく他の人への感染を防止できる意味で良い (R)ドイツでは店内でのマスク着用が義務化された

United States smoking ban ニューヨーク市では公共の場所でマスク着用の義務化、地下鉄駅にマスクの自動販売機
 
Spain スペインでは公共交通機関の利用時の着用を推奨し始め、外出や経済活動の制限緩和を進める中で義務化へ

アルゼンチンでは口の動きを読み取るための透明なマスクを製造, 注文が殺到している

India 2010 (L) マスクを着けて歩くインド人女性 (M)(R) マスクはファッション

貧困層にマスクを製作、機械を介し無料で配布

無料配布のマスクは15分でゼロ

Switzerland スイスで店内でのマスク着用の義務化



United States smoking ban マスク争いで脳死者、射殺


フランスのバス停で59歳の運転手は、マスクを着けずに乗車しようとした4人を下車させようとして殴られ脳死
まがったことの嫌いなことがアダになったかも知れないと友人


(L) マスク着用反対のプラケード (M) マスクは私たちにとって共産主義 (R) マスクを着けずに強引に入店しようとした女性は強制的に外に連れ出された

(L) マスクを着けるか否かは自分が決めるとマスク使用に否定的 
(R) ミシガン州では、新型コロナウイルスの感染防止のため、すべての店舗内でマスクの着用が義務付けられているが、マスク着用を拒否した女性を注意、
車で戻ってきた男性にに警備員(43才)が射殺された・・偏見と無知の広がる世界

L) マスクを強制する権利があるのか、白人にはホワイトパワーがある (R) マスクが人種差別問題にまで発展

(L) マスク着用義務化は共産主義の独裁国家 (M) マスク着用で息ができない (R) マスクはウイルスを阻止できない、健康に悪影響

(L) マスクをすると自分の二酸化炭素を吸い込みます (R) マスクは有意義と思います

(L) 米国ではマスク着用推奨に賛成、76% (R) 公衆衛生専門家は広報活動を進める 

(L) 感染防止のため欧米各国はマスクの着用を促進 
英国では公共交通機関」、店舗内でのマスク着用を義務化、違反すると」罰金100ポンド
(R) 全米28州でマスク着用義務化、増加傾向

(L) 米国、国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長 ファウチ博士はマスクを着用し人混みを避ける行動を
(R) 若い世代が感染拡大の中心になっている

(L) 若い世代がパンデミック拡大に関わり問題を起こしている
(M) 最近は」店内で皆マスクしている
(R) 英国では店舗やスーパー利用する際にもマスク」着用を義務化

イングランドで11才以上の人のマスク着用義務化、店舗などに入るときに義務化  罰金は100ポンド
英国では店員、警備員などのコロナウイルス感染による死亡率が男性で75%、女性で60%高い

香港の一日の感染者が過去最高の108人となり、そのうち83人が市中感染と発表された
公共交通機関でのマスク着用義務をすべての公共的室内空間での着用義務化を、公務員は再度在宅勤務をとなる
飲食店の営業は今まで通リ午後6時までと規制



チャートで見る世界の感染状況

https://twitter.com/criticismjpn

筆者:Junhaku Miyamoto, M.D.,PhD.
画像引用元:NHK、日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、CNNな
日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、NHKニュース、東京都の報道内容を基に、画像、記事を編集記述している


ウイルス(virus)は、他生物の細胞を利用して自己を複製させる、極微小な感染性の構造体で、
タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。1970年代までは日本医学会がドイツ
語発音に由来する「ビールス」を用いて1970年代頃は呼称が学校や一般で使用されていた。
筆者自身も大学でそう教えられていた。現在は宿主に関わらず「ウイルス」が正式名称である。

War against coronavirus:The role of a mask
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written in March 2020, by Junhaku Miyamoto, M.D., Ph.D.
コロナウィルスとの戦い 最終更新日 2020.7.20

元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


世界全般   世界経済  英国   EU諸国  ロシア 米国  ニュージランド  ブラジル
アジア諸国  台湾  中国  日本 パート 1  日本 パート 2   日本 パート 3

マスク着用賛否、有用性、拒否反応

Comment in English by News Media War against coronavirus World War against coronavirus UK War against coronavirus EU
War against coronavirus Russia War against coronavirus US War against coronavirus Asia  mask
War against coronavirus Brazil   War against coronavirus New Zealand  War against coronavirus Taiwan War against coronavirus China
War against coronavirus Economy War against coronavirus Japan Part 1 War against coronavirus Japan Part 2
 
War against coronavirus Japan Part 3


コロナウィルス 感染症 感染拡大防止 社会 政府 緊急事態宣言 病院 医療崩壊 緊急事態 ロックダウン 都市封鎖 東京都 小池知事 高齢者 死亡者 
外出自粛  自主規制 CRP検査 米国 英国 イタリア フランス ドイツ 中国 シンガポール  NZ  EU ブラジル ロシア イラン インド メキシコ 
WHO マスク着用



Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告


筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  コロナウィルスとの戦い

www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn