新型コロナウイルス感染マップ



新型コロナウィルス感染者世界マップ(日経新聞)



日本人は欧米人と比べて新型コロナウイルス感染者と死者が少ないのか?
しかし、東アジア諸国のなかでは高い
資料引用:テレビ朝日モーニングショウ


(L) 東洋人の人口100万人たりの死者数は欧米人の死者数よりも遥かに少ない (R) 人に感染するコロナウイルスは7種類

一般的なウイルス初感染時の抗体のうち、感染5日目からIgM抗体が上がりだして短期間に消去する
その後でIgG抗体が上昇しだす

新型コロナウイルスに感染した日本人の平均抗体値はIgMでなくIgGが最初に上昇するという
東アジア人はこの点、新型コロナウイルスに対する何らかの免疫を持つ人が多いのではないか推測できる
 
軽症状、無症状の人で抗体検査陰性の人がいる
風邪コロナと新型コロナウイルスとは50%相同性、MERSとは55%、SARSとは80%の相同性がある

最初にIgGが上昇するする人は新型コロナウイルスに類似した何らかの記憶を待っていると思われ、
交差免疫が働いて軽症で済むが、最初にIgM抗体が上昇するときには交差免疫を持たないので重症化する可能性がある
(東京大学先端科学技術センター児玉教授)

日本ではなぜPCR検査が増えないのか?


日本は米国、イタリア、イギリス、ドイツなどに比し極端にPCR検査数が少ない

検査結果が擬陽性だった場合に隔離されると人権侵害との訴訟を起こされる心配がある

医系技官を含む感染症対策のコムニュティーが検査に消極的

医系技官、専門家集団は人権侵害問題に非常に敏感

擬陽性で隔離された時も、それは「
国民の義務」だとの合意を作るべきと思う(中国では全く考えられない状況)
有事の際に個人の私権を制限する法律の作成が必要との見解もある


 東京都医師会はコロナウイルス年代別のリスクを公表:3群に分けて 考察 A=49歳以下、B=50歳〜69歳、C=70歳以上
 A群、重篤率=0.0066, 致死率=0.0013, B群、重篤率=0.0456, 致死率= 0.0140, C群、重篤率=0.1454, 致死率=0.1088



 キヤノンメディカルシステムズは新型コロナウイルスの感染の有無を唾液などから短時間で検査できるシステムを
9月に発売する。「ランプ法」と呼ばれる手法を使い、前処理した検体から約10分で陽性かどうか判定できる。主流の
PCR検査に比べて時間を短縮できるほか、導入コストも抑えられるという。空港など即日検査が必要なケースでの需要も
見込む。 ランプ法は新型コロナの検査手法の一つで、遺伝子を一定の温度で早く増幅させることができる。検査では唾液
や鼻の粘膜から抽出したウイルスの遺伝子を増やして感染の有無を判断する。キヤノンメディカルはランプ法による独自の
試薬を開発し、ランプ法の特許を持つ栄研化学とライセンス契約を結んだ。前処理にかかる時間を含めても約40分で陽性か
どうかが分かり、栄研化学が用いる検査システムに比べても短時間で診断できる。検査装置には既にジカ熱向けなどで
販売している製品を活用し、月100台以上の供給体制を整えた。医療機関のほか空港などでの導入も想定する。飛行機内
で搭乗者の唾液を採取し、着陸後に全員分の検査を一括で行うなどの活用も見込む。DNAの加熱・冷却を繰り返しながら
遺伝子を増幅させる必要があるPCR検査にくらべて安価な装置での検査が可能で、初期コストも抑制できるという。
既に国などが実施する「行政検査」ではキヤノンメディカルの製品も採用され、PCR法と同程度の精度が得られている
という。4月に長崎市に停泊したクルーズ船で新型コロナ感染者が発生した際にも、キヤノンメディカルの検査システム
が使われた実績がある。
(引用:日本経済新聞 2020.8.3 )





日本ではコロナウイルス感染者の医療上の必要から限られた数のPCR検査が行われている。一方40万人以上感染者を出した
ニューヨーク州ではPCRを大幅に増やした結果、潜在的無症状感染者を見つけ出し感染者、死者は共に減少傾向にある。
しかし、日本政府はPCR検査の拡充に否定的で感染拡大の終息を見通せない状況が続いている。



そのネックとなっているのが、擬陽性、偽陰性の頻度である。非感染者を正しく判断する特異度は99.99%と判断される一方、
感染者を正しく陽性と判断する感度は70%ともいわれ、検査してもウイルス感染者を見落とす可能性が30%ほどある可能性が
存在する。政府がPCR検査拡大に消極的なのは、そうした偽陰性の問題がその根底にある。






PCR検査には医療を目的とした限局的な医療目的の検査と、社会の中に活動している無症状感染者を拾い出す社会的検査がある。
前者は99.99%でコロナウイルスを検出できるので直ちに治療に移行できる。多人数を対象とした所謂、社会的検査には取りこぼし
も多いが、検査を受けた人のうち陽性者を70%以上の確率で検出でき、隔離(保護)することが出来る。もしこうした大規模検査を
実行しなければ30%ほどの無症状感染者が多数の人々を感染させ、高齢者を重篤な状態に陥れることになる。検体採取時にウイルス
が発見できなかった人は保有するウイルスの量が少なかったと推定され、他人に感染させる可能性は低いであろう。社会的検査は
国や自治体のコロナ対策の根幹となるデータを与えてくれる。すべての統計について言えることは対象者が少なければ少ない程、
そのデータは信頼できるものとはならない。社会活動を維持していくにはコロナウイルスを終息に向かわせることであり、その
意味でも大規模社会的PCR検査は必要である。




ニューヨークの住民には検査料無料で多くの保健医療機関で実施




社会的検査を行うには行政の支援、感染者にはその後のきめ細やかな手当が必要である。政府、地方自治体がどう判断するか、検査
目的の違いを認め、経済の再生のためにも、無意味な議論から脱するべきではないかと問いかけている。
(注)テレビ朝日「そもそも総研」玉川徹氏、キングスカレッジロンドンの渋谷教授、コロンビア大学、島田助教授の意見を参照し記述した。



中国の研究者の発表して最近明らかになった論文

Coronavirus spread the virus to nine other people on his bus, raising fears the killer infection can jump between
people far easier than initially thought in confined places. A study found two victims sitting 4.5 metres away
from the man were later diagnosed, which is four times what is considered a 'safe distance' to stand near an
COVID-19 patient. Countries including Italy and the UK have implemented one to two metre distancing between
people to limit outbreaks.

One traveller caught the coronavirus half an hour after the initial COVID-19 carrier got off, according to the scientists.
None of the people who wore a face mask on the bus ride were diagnosed with COVID-19, indicating that those taking
extra precaution on public transport are protected. In total, the man led to 13 others being infected. At the time,
a crisis had not been declared in the country, where the virus originated. The study also found the coronavirus can
last for days on a surface, particularly in warmer temperatures, on plastic, fabric and metal.The findings shed light
on the importance of extreme measures to prevent clusters of cases. It also throws into question who 'close contact'
of confirmed cases are, considering complete strangers were infected by the man. The study was conducted using
CCTV from a bus in China, where the new coronavirus came from.




By Vanessa Chalmers, Health Reporter for MAILONLINE: Published, 10 March 2020
The study published in a Chinese journal has since been retracted.

MAILONLINE

(L) A masked worker unloads bags of groceries purchased by residents through group orders from a bus in Wuhan.
(R) Passengers and a bus driver wear protective masks in Shanghai, China. A recent photographs



筆者:Junhaku Miyamoto, M.D.,PhD.
画像引用元:NHK、日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、CNNな
日本経済新聞、朝日新聞ニュース、テレビ朝日モーニングショウ、BBC, ABC、NHKニュース、東京都の報道内容を基に、画像、記事を編集記述している

ウイルス(virus)は、他生物の細胞を利用して自己を複製させる、極微小な感染性の構造体で、
タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。1970年代までは日本医学会がドイツ
語発音に由来する「ビールス」を用いて1970年代頃は呼称が学校や一般で使用されていた。
筆者自身も大学でそう教えられていた。現在は宿主に関わらず「ウイルス」が正式名称である。


War against coronavirus : Inspection Kit
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The article was written in March 2020, by Junhaku Miyamoto, M.D., Ph.D.
コロナウィルスとの戦い 最終更新日 2020.9. 5


元の画面に戻るためには、ブラウザ左上の(戻る) をクリックのこと


世界全般   世界経済  英国   EU諸国  ロシア 米国  ニュージランド  ブラジル
アジア諸国  台湾  中国  日本 パート 1  日本 パート 2   日本 パート 3

マスク着用賛否、有用性、拒否反応

Comment in English by News Media War against coronavirus World War against coronavirus UK War against coronavirus EU
War against coronavirus Russia War against coronavirus US War against coronavirus Asia  mask
War against coronavirus Brazil   War against coronavirus New Zealand  War against coronavirus Taiwan War against coronavirus China
War against coronavirus Economy War against coronavirus Japan Part 1 War against coronavirus Japan Part 2
 
War against coronavirus Japan Part 3


コロナウィルス 感染症 感染拡大防止 社会 政府 緊急事態宣言 病院 医療崩壊 緊急事態 ロックダウン 都市封鎖 東京都 小池知事 高齢者 死亡者 
外出自粛  自主規制 CRP検査 米国 英国 イタリア フランス ドイツ 中国 シンガポール  NZ  EU ブラジル ロシア イラン インド 韓国 メキシコ 
WHO マスク着用



Special Note

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 
全室禁煙ホテル(日本全国)
 世界の鉄道車内は完全禁煙
 レストラン、カフェ、鉄道の全面禁煙はオリンピック開催の前提条件
 受動喫煙防止でWHOが各国政府に屋内全面禁煙の法制化を勧告

 コロナウィルスとの戦い

筆者の主張サイト
  テレビ小窓の人物表示をやめよ    朝日新聞 私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土
 生活基盤と自然とを調和させた未来を   警告 :節税賃貸住宅が乱立   戦争犯罪者と戦争犠牲者とを合祀している靖国神社
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論    猫でも分かる「騙し」のサマータイム 
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」

www. kinenseki.net
COPYRIGHT(C)2006-2020 JUNHAKU MIYAMOTO, PhD. ALL RIGHTS RESERVED.

The way to contact to the writter
Junhaku Miyamoto: profile


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
 Twitter@criticismjpn  Twitter: @smokefreejpn