The Railways in and around Bangkok Thailand



Bangkok Transit Skytrain

The Bangkok Mass Transit System, commonly known by its abbreviation as the BTS Skytrain, an elevated rapid
transit system in Bangkok,Thailand. It is operated by Bangkok Mass Transit System Public Company Limited (BTSC).
The system consists of 23 stations along two lines: Sukhumvit line running northwards and eastwards, terminating
at Mo Chit and On Nut, respectively. Silom line which plies Silom and Sathon Roads, the Central Business District
of Bangkok, terminating at the National Stadium and Saphan Taksin. These lines cross at the Siam Station.
The total combined length of BTS lines is the distance of 55 kms.


Skytrain BTS Siam Station platform サヤーム駅

An automatic vending machine for purchasing a ticket of the skytrain, Bangkok.

A ticket of Bangkok's Skytrain. ( From Left ) A single trip ticket. One day pass, The back side of a ticket
shows the route map.

A route map of BTS Skytrain in Bangkok, Thailand.

(L) A boat pier at the BTS Saphan Taksin station.
(R) Buddhist temples viewed from the plateform of Saphan Taksin station.

(L) The interior of BTS trains. (R) National Stadium station

An advertisement is drawn in all BTS trains.

(L) A typical layout of the BTS railway station. The minimum standard facilities of at least one upward
escalator each station.
(R) A bakery mini shop which sells a delicious-looking cake and bread at the National Stadium Station.

The BTS railway tracks. (L) The vicinity of National Stadium station (R) Mo Chit station.

BTS Siam station platform.

The Suvarnabhumi Airport Rail Link

The Airport Rail Link became active since August 2010. The services are comprised of two lines, Non-stop express
services and City-train services. Both lines operate from 06:00 am to 12:00 midnight. Non-stop Express services
start at Suvarnabhumi Airport and terminate at Phaya Thai Station. The journey takes only 17 minutes and runs
every 30 minutes. City Train services run between Suvarnabhumi Airport, stop at Lat Krabang, Ban Thup Chang,
Hua Mak, Makkasan, Ratchaprarop and Phaya Thai. The journey takes 27 minutes and runs every 15 minutes.



A City-Line train

(L) A City-Line train at the Phaya Thai terminal station
(R) Two ticket-counter windows are open for the City-line and Phaya Thai express train.
A one-way ticket between Suvarnabhumi and Phaya Thai terminal is 45 bahts for a City-line
train, and 150 bahts, ( until 2012, 90 bahts ) for an express train.

Interior and door of Phaya Thai express train

(L) The plateform for the Phaya Thai express train at Suvarnabhumi Airport station
(R) A toilet for the handicapped

(L) A guide plate of Phaya Thai express train at Suvarnabhumi Airport Station
(M) A liquid-crystal panel that shows the train is going to.
(R) Phaya Thai express train at Suvarnabhumi Airport underground station.

Bangkok Airport Rail Link


Mass Rapid Transit


The 21-kilometer, 18-station Blue line presently runs from Bang Sue railway station to Hua Lamphong railway station.
It has a carrying capacity of 40,000 people in each direction per hour. Considering that Bangkok is a low-lying plain,
which is prone to flooding, all Metro's station entrances are raised about one metre above the ground level and are
equipped with built-in flood gates. Lifts and ramps are found at all stations,providing easy access for passengers in
wheelchairs. Stations have multiple passage ways (generally four) which allow passengers to connect to any corner of
the adjacent surface intersection. Maps depicting the local area and exit points are posted on the walls on the way out.
Due to safety considerations, platform screen doors are installed. The ticketing system uses a contact less technology
]with round black tokens issued for single trips and the stored value cards for frequent users.


(L) A concourse of the MRT Hua Lamphong station. (R) The entrance of MRT Hua Lamphong station.

A concourse of the MRT Hua Lamphong station.


This plaque was placed at the concourse of MRT Hua Lamphong station. It shows the appreciation of financial support
offered by Japanese Government for the construction of the Bangkok's Chaloem Ratchamongkhon Line. 


MRT Chatuchak Park station platform. Each subway station has a platform edge door.

The interior of the MRT subway train. A sign board of a train shows the request to passengers
to yield the seat for an elderly and pregnant person, but also includes a child and monk.

(L) A route map of MRT (R) A subway token The actual color of token is near black.

The entrance of MRT Si Lom station. A route guide of a subway line.

State Railway of Thailand


Hua Lampong Railway Station ホアランポーン鉄道ターミナル駅

(L) The front view of Hua Lampong Railway Station. (R) A railway ticket between Bangkok and Ayutthaya. 

A ticket counter at the Hua Lampong Railway Station

The inside hall of the Hua Lampong Railway Station.

(L) Hua Lampong Railway Station. A dog does not care for the train approaching.
(M) A train used in Thai railway is a made-in Japan. The plate shows the name of Japan National Railway.
(R) A train toilet. After the use, open a water bulb and wash away everything.

Passengers in a station platform.
The right photo shows the remains of a disused elevated railway bridge for an old domestic airport.

(L)Bang Khen Station and abolished elevated railway bridge. (M) A train conductor checked up a ticket.
(R) A station master waving a flag for a departure of a train.

A train window scenery en route to Ayutthaya.

A series of the tranquil scene of countryside passes through the train window.

(L) A countryside local station decorated with a bunch of bougainvillea.
This happy-looking couple is returning their home, maybe, after shopping in Bangkok.
(R) A group of herons flying over a wet land along the railroad en route to Ayutthaya.

(L) A rice field in a countryside is the quite same to that of Japan. (R) A banana field along the railroad.

The interior of the Thai train from Bangkok, via Ayutthaya, to Nakhon Sawan

(L) The sign board of Ayutthaya station, with the national and royal flags attached.
(R) The train arrived at the Ayutthaya station.

The platform of Ayutthaya station is filled with local residents, including a monk.

The waiting room of Ayutthaya station.

A poor barrack along the railway track, near the Bangkok area.

(L) It may be a royal platform of Thai National Railway. (R) The railway track is the front garden for poor people.

The railway track is the front garden of a poor barrack.

(L) An old steel bridge near the Hua Lampong Railway Station.
(R) A station yard of the Hua Lampong Railway Station. A skyscraper in far distance.

Very old trains are in operation at the station yard of Hua Lampong.

Very old trains are in operation at the station yard of Hua Lampong.


Travel by Train
All railway trains should be completely smoke -free.


イタリア鉄道旅行・シシリア Italia Rail: Trenitalia
アイルランド鉄道旅行 Rail Travel Ireland
フィンランド鉄道 路面電車 地下鉄 Railways in Helsinki, Finland
パリ近郊鉄道・地下鉄 Train in Norway, Trondheim to Oslo

米国・東北部鉄道旅行 Amtrak Acela Express: Boston-Newyork
パリ近郊鉄道・地下鉄 Washington DC Metro/Union Station
シカゴ鉄道 Chicago CTA Rail
マイアミ鉄道 Miami Metro Rail

ストックホルム・空港鉄道 Stockholm Arlanda Airport and Express
ストックホルム地下鉄 Stockholm County Railways
スエーデンX2000の旅 X2000:Stockholm-Copenhagen Express
コペンハーゲン近郊鉄道・地下鉄 Greater Copenhagen Railways
パリ鉄道ターミナル駅 Paris Rail Terminals
パリ近郊鉄道・地下鉄 Paris Metro-RER-Tram

韓国高速鉄道 Korea Train Express, Airport Express and Metro
タイ・バンコク鉄道 Bangkok Mass Transit/Thai Railways
韓国高速鉄道 Indian Railway
韓国高速鉄道 Dehli Metro
米国横断鉄道旅行 Airport Express and MTR, Hong Kong
台湾高速鉄道 Taiwan High-Speed Rail
台湾高速鉄道 China High-Speed Rail

シカゴ鉄道 Portugal Metro, Railways
マイアミ鉄道 Amsterdam Rail
シカゴ鉄道 High-speed train in Spain 2010
マイアミ鉄道 Barcelona Railways
 Railway Travel in France 2011
 Railway Travel in Germany 2011
サンフランシスコ鉄道 High-speed train in Germany, Austria and Switzerland 2013

 Vancouver Skytrain
パリ近郊鉄道・地下鉄 Edomonton Metro
パリ近郊鉄道・地下鉄 VIA train, Vancouver to Jasper
米国横断鉄道旅行 Amtrak: Seattle to Glacier National Park
サンフランシスコ鉄道 San Francisco: cable-car, tram and Bart
パリ近郊鉄道・地下鉄 Alaskan Railroad

 Moscow Metro
 Saint Petersburg Metro
 Sapsan, high-speed train of Russia
 Allegro, high-speed train between Finland and Russia

パリ近郊鉄道・地下鉄 Railways connecting Canberra and Sydney, Australia
米国・東北部鉄道旅行 Gold Coast Light-Rail
ニュージランド鉄道旅行 NZ Rail: Tranz Alpine/Scenic
オーストラリア鉄道旅行 Brief Journey by Australian Rail

 Narita Airport-City Rail Service
 Japanese high-speed train 'Hayabusa'
 Japanese high-speed train 'Super-Komachi'
Smoking ban in the railway trains of the world


  Smoking ban in restaurants, bars and railways in Thailand
 Smoking rooms in hotels in Thailand
 Smoking ban in Bangkok and Ayutaya



スカイトレイン( BTS=Bangkok Transit Skytrain )と呼ばれている高架鉄道には二つの路線がある。
ドイツの技術を導入して建設し、1999年に開業した。サヤーム駅で両線は合流する。スクムウィット
線のパヤータイ駅は、近くスワンナプーム国際空港連絡鉄道と接続する。

スカイトレインの切符は自動券売機で買う。小銭がないときは窓口で両替してもらう。
(1)行き先の地域コードを押す、(2)必要なコインを挿入する、(3)下からプラスチックの
乗車券が出てくるのでこれを拾う。一日乗車券( One-Day Pass )は120バーツでその日に限り乗り
放題である。(注意:24時間カードではない)。乗車券の裏面に路線図が表示してある。1回券は
再利用しているため、すり切れて写真がよく見えないものがある。自動改札機は東京のものに似て
いるが、切符は挿入口のすぐ先で受け取る。ゲイトの開閉は早いので大きな荷物のあるときは注意が
必要である。車内アナウンスは先ずタイ語で、次に英語で案内する。駅構内や電車内での飲食を
禁止していることもあり、非常に清潔である。

シーロム線の最終駅、サパーンタクシン駅は、チャオプラヤー川の連絡ボートでホテル・シャトル
フェリーの船着き場と連絡している。スカイトレイン市の中心部に乗り入れているので非常に
便利である。

エアポート・レール・リンクは、スワンナプーム国際空港とバンコクの中心部を結ぶ高速鉄道である。
2010年8月に正式開業した。 空港駅からパヤータイ駅まで17分のノンストップで結ぶ急行列車。
運賃は片道150バーツと設定されたが、2012年末までの割引運賃は90バーツである。最高時速は
160km/h。City Lineは空港駅からマッカサン駅を経由し、パヤータイ駅までを約30分で結ぶ
各駅停車。 運賃は15〜45バーツである。

バンコク・メトロはタイの首都バンコク主要都市部を走る地下鉄で、2004年に開通した。
ホラアンポーンとバンスー21キロを最高時速80キロの高速で結ぶ。正式名称は
MRT(Mass Rapid Transit)である。 バンコク・メトロ社が経営している。始発駅は国鉄
ターミナル、ホアランポーン駅( Hua Lamphong Station )である。チャトゥチャック公園駅
(BTS モチット駅)およびスクンヴィット駅(BTS アソーク駅)でスカイトレインと連絡する。

地下鉄の車両は当初、三菱電機・アルストム社が共同で請け負う予定で落札を終えていたが、後に
スカイトレインとの接続を可能にするため、スカイトレインと同じ、シーメンス社と同じ車両と
なった。建設費は約27億ドル(約2430億円)のほとんどが、日本円租借で賄われた。

地下鉄の駅は必ず地表から1メートル高い位置に作られている。洪水対策のためだ。階段を下りて
行くと途中に必ず金属探知機のゲートを通らねばならない。係員が常駐していてバックの中身などを
チェックする。しかし、非常におだやかであり、礼儀正しいので検査を受けていても気持ちがよい。
地下鉄駅構内はチリ一つ無く、非常に清潔で、人が話さない限り全くの無音の世界である。

乗車券は丸いコインのようなトーケン(token)で、自動改札ゲートのセンサーパネルにタッチすれば
ゲートが開く。出口ではこのトーケンを自動改札の挿入口に投入すればすぐにゲートが開く。
電車は中心街の一部の区間を除き混雑しない。車内標識に「高齢者、妊婦、子供、僧侶に席を
お譲りください」との表示があったが、タイ王国では僧侶は特別な存在なのであろう。なお、
高齢者が乗車する場合、運賃は半額となる。

タイ鉄道(State Railway of Thailand)はバンコクを中心に放射状に広がっており、車両は古く
電化されていない。多くの列車はディーゼル機関車が客車を牽引して走行している。ほとんどの
列車の始発駅と終着駅の役割を担っているのがホアランポーン鉄道ターミナルである。多くの
乗客が次の列車を待っている。タイ王室は国民をたばねる象徴として、王族の写真が公共的施設に
掲げられている。

バンコク・アユタヤ間には一日、16本の列車が走っている。そのうちの6本が夜行列車で夜中の
時間帯に通過する。10本の列車が朝の7時から夜の9時まで運行している。

ガイドブックに掲載されている1等、2等の列車はなく、すべて3等である。運賃は15バーツ
(2009年1月現在、39円)と信じられない安さである。しかし列車はもう何十年となく使用された
もので、窓ガラスを清掃した気配もない。タイ国鉄には日本から1997年以降3回にわたって、
合計126輌の車両が寄贈されている。車両には「日本国有鉄道」のプレートが鋲うちされている。
タイの鉄道線路のゲージは1,000ミリなので、1,067ミリの日本の狭軌基準を手直ししている。
その際汚物タンクを撤去し、垂れ流し式としている。筆者は実際に乗車してみて分かったことだが、
窓を開け、顔を出すと飛沫化した汚物と洗浄に利用した水しぶきとをもろに浴びてしまう。車両
トイレには紙はなく、パイプのバルブを開けてすべてを水で流す。

途中駅ではタイの本当の姿を垣間見ることが出来る。人々の表情、会話、手荷物、すべてが
目新しい。以前から使用していたバンコク空港と繋がるドンムアン駅はタイ国鉄の路線にあり、
その上に見える大きな橋脚群はどうやらスカイトレインをドンムアン空港まで延長する計画が、
新空港の建設により急遽とりやめとなった残骸のようである。無駄な公共投資のツケである。

バンコク、ホアランポーン駅からのタイ鉄道の旅は飾りのないタイの人々の本当の生活を知る
上で意義深い。しかし、そして帰路の列車から見た光景は貧富の差を改めて認識させるものと
なった。

バンコク・アユタヤ間の所要時間は1時間40分ほどである。検札の時にこちらの切符をのぞき
込んでいた隣のタイ人が、目的地が近づくと親切にも「次の駅」と教えてくれた。アユタヤ駅には
観光案内所が設けられていたが、筆者以外の外国人旅行者はこの列車では白人二人だけであった。
多くはバンコクからの日帰りバスツアーで来ているようだ。





Thailand
Arrival to Bangkok Suvarnabhumi Airport  The city of Bangkok Bangkok Palaces
Wat Pho, Wat Arun, Bangkok Floating market in Thailand  The railways in and around Bangkoko
Ayuttaya, World heritage  Departure from Bangkok Suvarnabhumi Airport


バンコク市内・近郊鉄道
 写真撮影 2009年1月 2009年2月執筆  2009年10月英文加筆 2012年10月加筆 
執筆 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
This information was provided by the Smokefree Hotel and Travel.
The photographs were taken in January 2009, the article was written in October 2012,
by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.



Ayutthaya: World Heritage Site



Special Note: 日本語表示

 Russia unduly occupies our Northern Territories of Japan.
 Smoke-free hotels in Japan
  Domestic travel in Japan
 WHO: Smoking should be banned in all public spaces.
 World population: seven billion v.s. Declining birth rate in Japan
 Nobody in the earth can destroy the natural beauty of the land.
 Stop merging war criminals and war victims at Yasukuni Shrine.
 Tax saving's rental housing is mushrooming.

www. smokefree.jpn.com
Copyright (C) 2006-2021 Junhaku Miyamoto, PhD. All right is reserved.
The way to contact to the writter
Smoke-free rental condominium in Tokyo (PR)
Junhaku Miyamoto: profile
Tokyo regional weather forecast


Smoke-free Hotel and Travel

受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  屋内喫煙設備撤去 鉄道車内完全禁煙レンタカー レストラン バー 飲食店 ホテル 空港 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport condominium tobacco smoking ban
  Twitter@worldviewtokyo Twitter: @smokefreejpn Twitter@criticismjpn Twitter@nosmokechintai