english index tobacco control 日本語検索




健康障害に導く近鉄特急喫煙車両
The railway company leading a passenger to health damage




Kintetsu Express 喫煙室整備の特急を走らせる反健康的近畿日本鉄道

Kinki Nippon Railway Co., Ltd. is a Japanese rail transit corporation commonly known as Kintetsu.
It is the largest non-JR railway in Japan. Its complex network of lines connects Osaka, Kyoto, Nara,
Nagoya, Tsu, and Ise. Kintetsu also operates tourism, real estate, and shipping companies,
and has a major rail car-building operation.

As of 2013, all major express trains are non-smoking. However, there is always a smoking small room
is provided mainly in the corner of one out of three vehicles. A passenger still may use a vehicle
which is for smokers, in which no restriction of cigarette use inside. A train conductor has to check
a ticket in the smoky vehicle, aspirating a toxic side-smoke, which may be a trigger to cause cancer.

It is a suitable idea to put a mark of a death' head and cigarette on the body of Kintetsu-Car, so that
it becomes a good photo-subject for many tourists visiting Kyoto, Nara and Ise-Shima.



This map shows the railway track route of the Kinki Nippon Railway ( Private rail company )

Kintestu Express trains run in the section between Nagoya and Toba.


(L) Kintetsu express train (R) Smoking kills:
The ideal train marking for the smoking vehicle of Kinki Nippon Railway
 
A smoking room in the express train of Kintestu Railway. 近畿日本鉄道車内喫煙室
喫煙室はガス部屋

分煙では受動喫煙を防止できない


鉄道車内で、目には見えない有害煙を人が吸いこんでいる事実を証明した画像
喫煙者との距離は、およそ2m。一見、煙は届いていないように見えますが、微小な粒子を可視化できる特殊なレーザーを当てると、
たばこの燃焼によって発生したタールの微粒子が広がり、離れて座る相手まで届いているのが分かります。


「分煙では受動喫煙を防止できない」ことを立証している産業医科大学教授、大和浩教授

喫煙者の吐く息は非常に高濃度の有害物質を含み、周りの人に健康被害を与える: 画像引用 ,NHKクロズアップ現代、2016年12月14日放映


2017年9月、日本タバコフリー学会で宮本順伯医師の講演時に使用された風刺画



最近、名古屋からの賢島行き近鉄特急に乗車して車内喫煙室がいかに健康障害を引き起こしやすいか
自分自身で体感した。この列車(ビスタEX)は4両編成となっているが、問題の喫煙室は1号車に併設されて
いる。2号車から1号車に入るや否や、プーンとタバコの臭いが漂ってきた。1号車の運転席と客席との間に
上に記載した喫煙室があるが喫煙室近くでなくとも、禁煙とされている1号車内の座席全体にタバコ副流煙が
拡散していることが分かる。いくら分煙設備を備えてもタバコから発する有害煙の広がりを防止できない
こうした事実が諸外国でははっきり認識されているため、列車内で喫煙することを完全に禁止している。
タバコを車内で合法的に吸えるのは国は文明世界で日本のみである。JR東日本で喫煙禁止していることが、
なぜ、近畿日本鉄道、JR西日本、JR東海で禁止することが出来ないのか! 私的企業が正しい判断
出来ない場合は、国が車内での喫煙行為を法律で禁止し、国民を守らねばならない。


(1例)
近畿日本鉄道アーバンライナー


「たばこは喫煙コーナーでお楽しみください」と座席目前で案内
This guidance on the train sheet backrest says you can enjoy putting light on cigarette
in a designated smoking booth of the train.






(健康警告)
タバコ有害煙危険性評価
3号車、6号車 高い
4号車、5号車 やや高い
2号車 低い
1号車 非常に低い(レギュラーカーの乗客がデラックスカーを利用できないため)


近鉄特急喫煙車両案内 Smoking carriage of Kintesu Express ( in Japanese )

特急列車でタバコをお吸いいただける車両または喫煙室のある車両は、一編成のうち概ね1両または2両のみとなっています。
特急券をお買い求めの際に「禁煙」または「喫煙」とご指定ください。

喫煙できる号車はつぎのとおりです。大阪・名古屋・京都・伊勢志摩・奈良方面「その他の特急車」の3・7・9号車
喫煙号車として運用した車両を清掃・消臭のうえ禁煙号車として運用することがあります。


Health warning tobacco  喫煙車両番号案内

特急を運転する路線 号車番号
大阪線・名古屋線 近鉄名古屋側が1号車
京都線・橿原線 橿原神宮前側が1号車(またはA号車)
奈良線 近鉄奈良側が1号車
山田/鳥羽/志摩線 大阪方面行き・
大阪方面からの列車
賢島側が1号車
名古屋方面行き・
名古屋方面からの列車
近鉄名古屋側が1号車
南大阪線・吉野線 大阪阿部野橋側が1号車


Guidance about Smoking vehicles of Kintetsu-Car by the railway company

We provide one or two vehicles at each vehicle organization, in which smoking is allowed.
Please
designate smoking or non-smoking when purchasing a ticket.
Smoking cars are as follows, Express car, car number- 3,7 and 9.
Please understand that the company operates a smoking vehicle as a non-smoking vehicle,

after cleaning and odor-removal work.

 喫煙出来る号車 |近鉄電車否ターネット予約 発売サービスSmoking seat net reservation


宇治山田駅外喫煙所

世界の鉄道車内の喫煙行為は100%禁止されている
国民の健康に直接影響を及ぼすため、鉄道会社の自主性にゆだねている国は皆無



喫煙により増加した死因および疾病(日本医師会資料)
塩崎厚労相、WHO アサモア・バー事務局次長と会談 2017年4月
・・分煙では効果ない、五輪契機に公共的閉鎖空間内の完全禁煙を
A partial smoking ban is not effective. It is really desirable to install the law to prohibit
smoking in the enclosed public space.

三次喫煙の危険性
特急列車とホームを含む駅構内の全面禁煙化への要望書
日本癌学会、日本循環器学会、日本産業衛生学会、他15学会
「分煙推進へ」近鉄の回答書
・・分煙しても乗客の健康障害を防止できないことを全く知らない、または、無視している近鉄上層部


Dr. Judith Macky of WHO criticized strictly, saying we cannot prevent the side-smoke spreads to another area in the indoor space.
When we deter from diffusion of a harmful tobacco-smoke, it is necessary to produce the energy equivalent to a tornado.
It is impossible to settle the complete separate-anti-smoke system.

列車内分煙では健康障害を防止できない



世界の鉄道車内は全面禁煙
All railway trains should be completely smoke -free.

イタリア鉄道旅行・シシリア Italia Rail: Trenitalia
アイルランド鉄道旅行 Rail Travel Ireland
ニュージランド鉄道旅行 NZ Rail: Tranz Alpine/Scenic
オーストラリア鉄道旅行 Brief Journey by Australian Rail
米国・東北部鉄道旅行 Amtrak Acela Express: Boston-Newyork
シカゴ鉄道 Chicago CTA Rail
マイアミ鉄道 Miami Metro Rail

ストックホルム・空港鉄道 Stockholm Arlanda Airport and Express
ストックホルム地下鉄 Stockholm County Railways
スエーデンX2000の旅 X2000:Stockholm-Copenhagen Express
コペンハーゲン近郊鉄道・地下鉄 Greater Copenhagen Railways
パリ鉄道ターミナル駅 Paris Rail Terminals
パリ近郊鉄道・地下鉄 Paris Metro-RER-Tram
タイ・バンコク鉄道 Bangkok Mass Transit/Thai Railways
台湾高速鉄道 Taiwan High-Speed Rail
フィンランド鉄道 路面電車 地下鉄 Railways in Helsinki, Finland
インド鉄道 Indian Railways and Dehli Metro

シカゴ鉄道 Portugal Metro, Railways
マイアミ鉄道 Amsterdam Rail
シカゴ鉄道 High-speed train in Spain 2010
マイアミ鉄道 Barcelona Railways
パリ近郊鉄道・地下鉄 Washington DC Metro/Union Station

 Railway Travel in France 2011
 Railway Travel in Germany 2011
 Vancouver Skytrain
パリ近郊鉄道・地下鉄 Edomonton Metro
パリ近郊鉄道・地下鉄 VIA train, Vancouver to Jasper
パリ近郊鉄道・地下鉄 Alaskan Railroad

韓国高速鉄道 Korea Train Express, Airport Express and Metro
米国横断鉄道旅行 Amtrak: Seattle to Glacier National Park
米国横断鉄道旅行 Airport Express and MTR, Hong Kong
サンフランシスコ鉄道 San Francisco: cablecar, tram and Bart
サンフランシスコ鉄道 High-speed train in Germany, Austria and Switzerland 2013

 Moscow Metro
 Saint Petersburg Metro
 Sapsan, high-speed train of Russia
 Allegro, high-speed train between Finland and Russia

 Railways connecting Canberra and Sydney, Australia
 Gold Coast Light-Rail
パリ近郊鉄道・地下鉄 Train in Norway, Trondheim to Oslo

 Narita Airport-City Rail Service
 Japanese high-speed train 'Hayabusa'
 Japanese high-speed train 'Super-Komachi'




 オリンピックの歴史と開催国に於ける鉄道車両内での喫煙可否

1948 XIV  ロンドン(イギリス)       列車内喫煙禁止
1952 XV Helsinki railways ヘルシンキ(フィンランド)   列車内喫煙禁止
1956 XVI Australia rail trip メルボルン(オーストラリア)  列車内喫煙禁止
Stockholm railways ストックホルム(スウェーデン) 列車内喫煙禁止
1960 XVII Italia rail trip ローマ(イタリア)       列車内喫煙禁止
1964 XVIII Japan high speed railways 東京(日本)         列車内喫煙OK
1968 XIX  メキシコシティ(メキシコ)   列車内喫煙禁止
1972 XX  ミュンヘン(西ドイツ)     列車内喫煙禁止
1976 XXI Canada smoking ban モントリオール(カナダ)    列車内喫煙禁止
1980 XXII  モスクワ(ソビエト連邦)    列車内喫煙禁止
1984 XXIII United States ロサンゼルス(アメリカ)    列車内喫煙禁止
1988 XXIV Korea  ソウル(韓国)         列車内喫煙禁止
1992 XXV Spain  バルセロナ(スペイン)     列車内喫煙禁止
1994      Norway リレハンメル(ノルウェー)   列車内喫煙禁止
1996 XXVI United States  アトランタ(アメリカ)     列車内喫煙禁止
1998      Japan high speed railways 長野(日本)            列車内喫煙OK 
2000 XXVII australia  シドニー(オーストラリア)   列車内喫煙禁止
2002      United States ソルトレイクシティ(米国)   列車内喫煙禁止
2004 XXVIII Greece  アテネ(ギリシャ)       列車内喫煙禁止
2006      Italia rail trip トリノ(イタリア)       列車内喫煙禁止
2008 XXIX China 北京(中国)          列車内喫煙禁止
2010      Canada smoking ban バンクーバー(カナダ)     列車内喫煙禁止
2012 XXX  ロンドン(イギリス)      列車内喫煙禁止
2014       ソチ(ロシア)          列車内喫煙禁止
2016 XXXI Brazil リオデジャネイロ(ブラジル)  列車内喫煙禁止
2018      Korea 平昌(韓国)           列車内喫煙禁止
2020 XXXII Japan high speed railways 東京(日本)           列車内喫煙OK
2022      China 北京(中国)          列車内喫煙禁止
2024 XXXIII  パリ(フランス)         列車内喫煙禁止
2028 XXXIX United States  ロサンゼルス(米国)       列車内喫煙禁止


2014年7月以降の状況を表している。「
列車内喫煙禁止とは喫煙室を排除した完全禁煙を指す
中国政府は高速列車内での喫煙を禁止しており、違反者には最高2,000人民元(約32,500円)の罰金が科せられる。
英国では50-200ポンド(約28,000円)の罰金が科せられる。
長野駅を通過する北陸新幹線は完全禁煙となっている

解説 第二次大戦後のオリンピック開催都市は上記のごとくである。最近3年間の鉄道列車内での
喫煙行為の可否を列挙している。日本では喫煙規制に関する国法がなく、オリンピック開催を控え、
「世界最低の喫煙規制国」との汚名を返上すべく、厚生労働省は規制内容の「たたき台」を公表して
いる。しかし、上記に記載したように、今回の見直しでも、世界基準とは全く異なり、日本政府は
密閉された列車内での喫煙行為を認め、喫煙室の設置を許しており、2020年以降も「機密性の高い
列車内での喫煙行為」を禁止することなく、サポートする「世界で唯一の国」となっている。幸い、
JR東日本、JR北海道、JR四国では夜行列車を除き列車内喫煙を禁止しているが、米国、カナダでは
3泊4日の寝台列車でも車内での喫煙行為を排除し、喫煙室を設けていない。

JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道では堂々と、喫煙車両、または喫煙室を併設した列車を運行させ、
将来も廃止する意向を示していない。今までのオリンピック開催国では考えられなかった事態であり、
諸外国では日本の開催国としての適性に大きな疑いを抱くことになる。また、世界各国が列車内の
ような閉鎖空間内での喫煙行為を厳しく取り締まっているなか、日本は閉鎖空間内の喫煙行為を
保護しており、国内の乗客を含め、最近増加してきている海外からの旅行者の顰蹙(ひんしゅく)を
買うことは必至である。早急に世界基準に合致した規制、「列車内喫煙室の設置を禁止し、完全
禁煙とする」立法措置が求められている。

「一匹狼の国」著者 医学博士 宮本順伯


今までタバコに寛容だったロシアが、ソチオリンピックを契機に屋内での喫煙行為を完全禁止した。
「釣り針を断ち切ろう!」と、
ロシア保健省は大きな公共広告を街中に掲示し、喫煙者がタバコ会社の糸に操られ、やがては死に
至る様を警告している。ほとんどの国ではホテルの喫煙客室の設定をホテル側の裁量に任しているが、
ここロシアでは2014年6月から喫煙客室の全面廃止とホテル屋内での喫煙行為を禁止している。
レストランおよびバーも例外ではない。屋内施設では全面禁煙となっており、飲食店側もそれを
当然のこととして受け止めている。喫煙を許していた、9,289キロを6泊7日かけて走る走る
長距離
列車内でも、いまや喫煙行為は全く不可。
「一匹狼の国」 35頁記載

日本の新幹線、JR東海、JR西日本、近畿日本鉄道、JRの夜行列車には喫煙車両を連結(または
喫煙ブース)を設置しているが、このような非健康的な野蛮行為を認めている国は皆無である。
国民の健康を守ることが第一か、世界で実施されている鉄道車内規制を無視して、タバコ税収を
優先させて喫煙者の主張を守り抜いていくか、政府当局の判断能力が試されている。


Japan is the only country, which allows smoking in the train.
喫煙出来る列車を走らせている国は、世界で唯一、日本だけ

The 10 longest nonstop flight in the World (参考比較)

今や16時間以上の飛行時間のフライトもめずらしくない。この間は無論、完全禁煙である。新幹線、
東京・博多間の所要時間は6時間以内。近鉄特急の大阪・名古屋間は2時間30分以内。この間、なぜ
禁煙していることが出来ないのか? JR東海、JR西日本、近鉄は『鉄道車内喫煙禁止の世界ルール』を
完全無視、タバコ中毒乗客をサポート、一般乗客に健康被害をもたらしている。

世界49カ国以上では「食事中の喫煙はとても素晴らしい」との喫煙者の要望を受け、飲食店内を喫煙可と
しているところはない。6時間、タバコを吸わないと耐えられない人は明らかにタバコの薬物中毒者であり、
治療の必要な人々である。車内喫煙設備のもたらす負の結果は、疾病の治療開始時期を遅らせ、さらに
列車内の周囲の人々に不本意な健康障害を誘発する。こうした忌むべき車内喫煙設備の悪影響も認識も
出来ない鉄道会社の判断力には致命的な欠陥がある
「一匹狼の国」著者 医学博士 宮本順伯



Smoking Regulation Awareness Survey in Japan
Do you support the indoor total smoking ban?




The total number of votes = 210,253
1. = Voters support total indoor smoking ban in a public space. 123,431 ( 58.7% )
2. = A smoking room should be provided inside. 72,230 ( 34.4% )
3. = No smoking-restriction is desired. 13,819 ( 6.6% )
Gender display of voters: Male, 79.7%, Female 20.3%
Source: Yahoo! Awareness Survey on smoking regulation performed in August 2016



The total number of votes = 123,907
1. = Voters support to strength a smoking ban. 88,785 ( 71.7% )
2. = Against to smoking more restruction 30,633 ( 24.7% )
3. = Abstention 4,489 ( 3.6% )
Gender display of voters: Male, 81,0%, Female 19.0%
Source: Yahoo! Awareness Survey on smoking regulation performed in December 2016


Smoking Regulation Awareness Survey in Japan, by Asahi Shimbun in 2017:
Do you support the indoor total smoking ban?



Smoking should be prohibited in all indoor public space 83.7%
The individual firms select the state of smoking restriction and show the outcome in the entrance 9.2%
A smoking-space separation in a facility
5.5%

Gender display of voters: Male, 61.8%, Female 36.6%
Source: Asahi Shimbun Awareness Survey on smoking regulation performed in April 2017.


  日本の対策『前世紀並み』「分煙は効果なし」 WHO
 ・・朝日新聞報道 2017



Health Ministry Panel 2016
厚生労働省は屋内全面禁煙を目指すべきと提言


列車内の喫煙室を上質の旅客サービスと考える鉄道会社、近鉄特急
「禁煙席ネット」主宰 日本タバコフリー学会顧問 医学博士 宮本順伯
This Web site is link-free.
The article was written in May 2016, by Junhaku Miyamoto, M.D., PhD.
Information was added in March, April and September 2017.



鉄道列車内喫煙を許している国は日本のみ
世界の鉄道車内は完全禁煙


Special Note:
 Two South Kuril and two islands off Hokkaido are the own land of Japan.

筆者の主張サイト
 毎日新聞闘論 「サマータイム」・経団連の導入根拠に反論   猫でも分かる「だまし」のサマータイム
 朝日新聞論壇 「サマータイムは迷惑千万」  テレビ小窓の人物表示をやめよ   朝日新聞論壇 「男女産み分け親の権利か」
 朝日新聞私の視点 「受動喫煙防止法を制定せよ」   南千島、北方4島は日本固有の領土  生活基盤と自然とを調和させた未来を
 喝!日本の政治社会批判   警告 :節税賃貸住宅が乱立


www. kinenseki.net  アクセスの多いサイト一覧
COPYRIGHT(C)2006-2018 JUNHAKU MIYAMOTO, M.D. ALL RIGHTS RESERVED.
The way to contact to the writter  
女性限定全館禁煙マンション
www.dorachan.net
Junhaku Miyamoto profile



smokefree.jpn.com
受動喫煙防止条例  屋内全面禁煙  車内完全禁煙レストラン バー 飲食店 ホテル 公共空間 喫煙規制
Restaurant hotel railway rent-a-car travel airport tobacco smoking ban